Content
line2021年1月 12|2月 123
|3月 123|4月 12|5月 123
|6月 123
line
2020年1月2月|3月 12|4月 123
|5月 123|6月 123 |7月 123
|8月 1234|9月 123
|10月 123||11月 123
|12月
12
line
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2015 12/30 『ありがとうございました』

クリスマス、まっすぐに続く旧街道を歩いていたら道の真ん中向こうの空に満月が昇っていて幻想的だった。
かつて街道を行き来していた30何年か前の近所の人も、もっと昔の旅人も同じ光景を見ていたんだなとふと思った。

ハイチオールC+、飲む前に飲むとけっこう効きますね。

今年もアクセスありがとうございました。

年始は1/5から。

良いお年をお迎えください。

photo

2015 12/25 『スケート祓い』

日曜日の朝、半年ぶりにスケートの練習をした。
楽しくすべるというよりも身体がうまいこと言うことを聞いてくれないので、もうコケないように必死にひたすら同じことをくり返すことをしている。
すると身体が徐々に動いてきてくれるもすぐに筋肉がスロウになって動かなくなる...休憩してまた同じことをくり返す。
だからこん時は楽しいというよりも悔しいという気持ちになった。
まぁしょうがないんだけど....
ムリはしない。
一発だけスパンと高いオーリーができた。
デッキが脚に吸い付いてきてくれる、あの感触、とてもいいものです。
高さは40cmくらいだろうと思う。
ずぶ濡れでフィニッシュ。
練習、そう思ってすべるのも結構好き、スケート道。
もうちょいまた慣れればめちゃくちゃ楽しいと思えるだろう。
この5年くらいでの老いの自覚、10年前にすべっていた感触、感覚は遠いものになってしまった。
ま、そんなものだけど。
スポットビルト(サッカニーの前身)のシューズ、シューレースも切れそうなのがなんともいい気持ち。13歳の頃のあの気持ちと同じ。

スケート後は年越しの大祓を。
前は家族みんなの分も勝手にしてたけど、なんせ人形の数がえらい枚数になってしまうので、近頃は3人分だけ。
けがれてしまいまくり。
で、みな健康でありますように。

スケートと大祓で心身共にすっとした日曜日だった。

メリークリスマス
赤ん坊だった頃、自分はイエス・キリストとシスター、施設の皆様に一時期育ててもらっていた。その間に年子の弟は天に帰った。
弟の死との引き換えに僕ら家族3人が生きることができた。
この時季、生と死、嬉しさと悲しさが同居している心に気づく。
イエス・キリストとシスター、施設の皆様、そして弟には心から感謝している。
自分はこれからも宗教を持つことはないと思うが、これからも毎日手をあわせる、ただそれだけだ。

そういえば、サーティーワンだっただろうか、アイスのケーキを家族3人で仲良く突っついて食べてたな。

【過去記事】
■構成要素
■オールドスクール
■オールドスクール #2
■生まれる
■あぶないランプ
■クルーザー
■メイク
■思いでの撤去
■オールドスクール #3
■あぶないランプその2
■中年スケーター
■JT
■スケートボード道
■スケート祓い
■28年前のクルーザー
■レールバー
■やっと乗れてきた、サポートタイツ効果
■IXLオイルとガッツレーを流用
■クルーズにもいいデッキ
■中年スケーターのブルース
■もう一度
■#14
■HILAQUE
■VANS 50 YEARS Kickflip
■MoMA
■OJ2 HOSOI ROCKETS 95A
■AND SKATEBOARDING
■Zorlac Todd Prince 高い??
■梅雨の晴間の真夏日 5週間ぶりに
■UNIqueでスケートボードのレクチャーを
■スケートをする意味
■我ら徳丸ヶ原のスケートチーム
■また出会って、共に生きましょう
■自分のためにスケートを
■オヤジスケーター
■この1年半のスケートボードの練習まとめ
■SEIBU SPORTS SKATEBOARDING TEAM
■家でスケートを MADE IN VENICE
■やすらかに
■スケートボードのホームグラウンド
■GET RAD
■マドンナエア
■YouTube 作ってから1年半
■久しぶりのお墓参り
■第三回目
■TOKYO SKATEBOARD PICNIC CLUB

photo

2015 12/24 『文京区本駒込 吉祥寺 榎本武揚墓所から高林寺 緒方洪庵墓所へ』

幕末が好きな人にはお馴染みの榎本武揚(幕末・明治の幕臣・政治家・子爵)の墓所は歴代の徳川将軍が日光に参拝するために整備された日光御成街道(本郷通り)に面した吉祥寺にある。場所は本駒込。
中央線の吉祥寺はこの吉祥寺が由来。
かつて水道橋にあった吉祥寺は明暦の大火でこの本駒込へと移転し、門前町の住人が現在の吉祥寺周辺を開拓し移り住み、愛着を持っていたので吉祥寺と名付けたという。

榎本武揚はなんとかなりのエリート。
語学に優れ、なんと七ヶ国語も話せたとも言われています。
さまざまな国をめぐり機械学から最新化学までありとあらゆることを学び、そして日本の未来に役立てようとした榎本。
しかし、当時将軍の徳川慶喜が大政奉還。
さらに薩長が倒幕をかかげ幕府を脅かしてゆきます。
その中の一人が黒田清隆でした。
黒田は西郷隆盛、大久保利通など幕末の志士が多く集まった下鍛冶屋町付近で生まれました。
西郷を兄と慕っていた黒田は旧幕府を追い込んでゆきます。
そしてたどり着いた蝦夷共和国で榎本武揚と黒田清隆は出会います。

旧幕府最後の砦、蝦夷共和国。フランス行使ブリュネのおかげで榎本率いる旧幕府軍は新政府軍との戦いに挑みます。
しかし、すでに旧幕府軍の生き残った数はのこりわずか…そのとき榎本はある行動に出ます。
それは榎本が肌身離さずもっていた海律全書です。
前頁オランダ語で書かれた本をなんと新政府軍に送ったのです。
「自分が死んでもこれからの日本のためにこれは必要だ」
しかしこれをみた新政府軍は驚きます。
これほどの学識をもった人をここで殺してしまうのは間違っているのでは・・・
そこで黒田清隆はござをしき、マグロやするめ、そして酒を用意し榎本武揚との会談に臨みます。
そして榎本武揚は自分を殺し、ほかの者を助けてほしいと黒田にお願いします。
「榎本さんこそこれからの時代に必要な人物。その命私がすくいもんそう」そして榎本は降伏を受け入れ江戸時代にピリオドがうたれたのです。

榎本は黒田のおかげで新政府の一員となります。
そして当時日本が抱えていた外交問題を得意な外国語で日本を救ったのです。
さらに黒田清隆が第2代総理大臣の座に上り詰めたとき支えたのはいくつもの大臣を歴任した榎本でした。
さらに明治32年には榎本の息子と黒田の娘が結婚。二人の交友は、ついに血縁関係にまで発展したのです。via
箱館戦争で五稜郭に入り新選組の土方歳三らと闘ったのは有名ですね。

吉祥寺にいた巨大なネコ...目があって呼ぶとやってきた。
かわいいのうかわいいのうといじくり倒していたら、顔に飛込もうとしてきた。
たぶん腹が相当減っていたのだろう。
しかしすごいボディだ。
ちなみに、吉祥寺には二宮尊徳のお墓もある。

後にして吉祥寺の近所にある高林寺へ、ここは緒方洪庵の墓所。

緒方洪庵:日本の武士・足守藩士、医師、蘭学者でもあります。大坂に適塾を開き、優秀な人材を多く育てました。
天然痘やコレラの治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれています。via
1838年、大坂に蘭学塾(適塾)を開いて、多くの門人を育てた。適塾からは明治に活躍した多くの人材(大村益次郎、福沢諭吉、佐野常民、橋本左内、大鳥圭介、長与専斎、高松凌雲、池田謙斎など)を輩出した。via

Running 11.64km 1時間08分39秒 (05'53 /km)

【過去記事】
■幕末を巡って 徳川慶喜巣鴨屋敷跡〜彰義隊の墓〜経王寺
■復活 上野清水観音 堂月の松
■上野東照宮
■散歩JOG 谷中霊園の徳川慶喜墓・焼失した五重塔〜博物館動物園駅〜旧岩崎邸庭園〜加賀藩上屋敷跡
■身近なところに 太田道灌追慕の碑 山吹の里の碑 胸突坂
■文京区春日(小日向) 徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
■印刷博物館<武士と印刷> 徳川慶喜終焉の地
■文京区春日二丁目(小石川小日向第六天町) 徳川慶喜邸と新坂(今井坂) “徳川おてんば姫” 井出久美子
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■文京区本駒込 吉祥寺 榎本武揚の墓
■文京区本駒込 吉祥寺 榎本武揚墓所から高林寺 緒方洪庵墓所へ
■高島平の名の由来 高島流
■文京区向丘 大円寺 高島秋帆の墓
■“青天を衝け” 高島秋帆 松月院<高島秋帆先生紀功碑>と西洋砲術の演習地 徳丸ヶ原
■明暦の大火と本妙寺 遠山金四郎景元の墓
■台東区谷中 全生庵 幕末の幕臣 山岡鉄舟の墓
■豊島区巣鴨 本妙寺 千葉周作の墓〜豊島区駒込 木戸孝允の駒込別邸
■板橋区東山町 板橋城跡 赤塚城跡(築城主は千葉自胤)
■上板橋役場跡と古道 台橋道(茂呂遺跡・栗原遺跡 お東山<板橋城跡>)
■板橋氏の板橋城はどこに築城されたのか お東山か御東山か<オヒガシヤマかオトウヤマか>
■遺されたものが語ること#2 石神井城跡
■仙がい義梵(仙p和尚) 東輝庵
■台東区谷中 観音寺 赤穂浪士ゆかりの寺
■一石橋迷子しらせ石標 迷子センター
■別れの橋跡・見送り坂と見返り坂 本郷4-37先本郷通り
■上野公園 時忘れじの塔
■浮浪児1945- 戦争が生んだ子供たち 上野
■哀しみの心をいつまでも 海老名香葉子 建立有志一同
■墨田区 都立横網町公園
■豊島区 南池袋公園(根津山) 豊島区空襲犠牲者哀悼の碑
■目白台 富士見坂 台地の屋敷(田中角栄邸・山縣有朋邸・近衛篤麿邸・徳川義親邸
■文京区目白台 腰掛稲荷神社
■近藤勇と新選組隊士供養塔 平尾一里塚(板箸一里塚)跡と千川上水跡を越えたあたり
■板橋宿平尾脇本陣豊田家 新撰組 近藤勇が幽閉された豊田家と次女トミとの語らい
■北区滝野川6丁目 旧中山道と千川上水の間に祀られた馬頭観世音 板橋宿で捕らえられた千川の怪物(オオサンショウウオ)
■北区滝野川一丁目 千川上水 王子分水(鎌倉街道・千住道と一部重複)との三叉路にある庚申塔 王子七滝 松橋弁財天(岩屋弁天)への道標 ※2020年8月27日加筆
■千川上水 王子分水沿い(千住道)にある出桁造り
■北区滝野川 正受院本堂前所在 石造近藤守重坐像と目黒富士(元富士・新富士)のひとつである目黒元富士
■板橋宿中宿名主飯田家(総本家)跡
■板橋区仲宿 文殊院 子の権現
■板橋遊郭 新藤楼
■旧中山道 板橋宿(上宿) 縁切榎 政略結婚と女性救済の場と和宮が降嫁する際に通った迂回路
■旧中山道 板橋宿(上宿) 縁切榎
■皇女 和宮一行が降嫁の際に通った迂回路(古道 根村道)にある出桁造りとそれを見守った清水稲荷神社の御神木のイチョウ
■旧中山道 板橋宿(平尾宿) 観明寺 左甚五郎作の龍と加賀藩下屋敷の裏御門だった山門
■旧中山道 板橋宿(平尾宿) 観明寺の寛文の庚申塔 加賀藩前田家下屋敷の裏御門にあり移設された山門 平尾一里塚
■旧中山道 板橋宿(仲宿 )伊勢孫跡 レンガの塀と車輪除けの石
■旧中山道 板橋宿(仲宿) 宿場時代は馬つなぎ場でもあった遍照寺の石仏
■旧中山道 板橋宿(仲宿) 宿場時代は馬つなぎ場でもあった遍照寺の絵馬
■板橋宿(上宿・仲宿)の各施設跡(大木戸<江戸御府内 朱引>・上宿 名主 脇本陣板橋市左エ門家・高札場・自身番・問屋場)と新旧の板橋
■旧中山道 板橋宿(仲宿 ) 徳川家康から朱印地が寄進された重蓮寺の参道跡
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■旧中山道“岩の坂”の縁切榎ほとりを流れる稲付川(中用水)と“なみだ橋”
■稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)と日曜寺と智清寺に架かる橋
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■板橋宿 上宿跡はスラム街になった岩の坂(いやな坂) 板橋貰い子殺し事件
■板橋宿(中宿) 高野長英ゆかりの地(旧水村長民宅)
■旧中山道はタネ屋(種屋)街道
■王子稲荷の坂 旧中山道と王子稲荷道の分岐にあった“王子大明神 常夜灯”(2020年8月29日写真追加)
■板橋区蓮沼町 古道 稲付道に立っている庚申塔
■旧中山道に現存する出桁造り(2017.11/6 加筆)
■徳川慶喜が撮影に来た板橋区の日曜寺 扁額と根村用水
■板橋区大和町 日曜寺に架かる根村用水の橋(親柱・欄干)と平尾町内中の石柱(平尾宿)
■旧中山道と旧川越街道をつなぐ小松屋横町道
■中仙道か中山道か
■中山道と川越街道起点の平尾追分 高田道と川越街道の四ツ又
■神田明神参道隣り 旧中山道(日光御成街道)の枡型道路 江戸御府内<朱引・墨引>“本郷もかねやすまでは江戸の内
■本郷台地の端 神田明神の明神男坂 安房上総 小湊鐵道のディーゼルカー
■旧川越街道 ハッピーロード大山商店街 小松屋横町道に佇む“命”の碑
■旧川越街道 ハッピーロード大山商店街 小松屋横町道に佇む“命”の碑 撤去
■板橋区大山町山中通り商店街(大谷道) 補助第26号
■板橋区大谷口 古道 大谷道と薬師道の交差点 豊島八十八ヶ所巡礼の道標
■板橋区志村一里塚隣り 中山道 齋藤商店
■都電庚申塚駅 延命地蔵堂の石造物群
■東京第二陸軍造兵廠 板橋火薬製造所跡 弾道検査管(爆速測定管)の標的
■千川上水から東京第二陸軍造兵廠板橋製造所へ取水した分水口と水路跡
■東京第一・第二陸軍造兵廠電気鉄道の遺構 跨線橋の台座
■東京第二陸軍造兵廠 加賀公園 電気軌道(トロッコ)線路敷跡
■東京第二陸軍造兵廠の石碑
■東京第一陸軍造兵廠 陸軍用地の標柱(石標)
■東京第一陸軍造兵廠 軍用鉄道軽便線(ちんちん電車)トンネル跡
■東京第一陸軍造兵廠の軍用鉄道 ちんちん山(南橋)のトンネルの湧水
■東京第一陸軍造兵廠滝野川工場の憲兵詰所
■十条板橋道と王子稲荷道の追分に置かれた(仮称)稲付の関所跡と稲付川に架かる赤羽根火薬庫道の橋跡
■国指定史跡 東京第二陸軍板橋火薬製造所跡
■東京第二陸軍造兵廠 境界壁(支柱)
■東京第二陸軍造兵廠 稲付射場跡 梅木小学校にある陸軍用地の標柱(石標)
■東京第一・第二陸軍造兵廠 陸軍兵器補給廠へつながる赤羽根火薬庫道にある陸軍用地の標柱(石標)
■北区滝野川3 四本木稲荷神社/四本木稲荷古墳
■北区滝野川3 四本木稲荷神社/四本木稲荷古墳 火薬製造の圧輪を用いた<忠魂碑>と圧磨機圧輪記念碑
■陸上自衛隊 練馬駐屯地 連隊門哨所
■王子新道の由来と花月通
■加賀藩中屋敷跡 旧駕籠町
■加賀藩と黒作り
■加賀藩江戸下屋敷 奥山正 著 人んとこ荒らすな
■加賀藩前田家の駕篭
■加賀藩上屋敷跡 東京大学 赤門
■加賀前田家下屋敷跡 〜江戸下屋敷平尾邸〜 裏御門通りと板橋一里塚(平尾一里塚)跡
■中山道 平尾一里塚(板橋一里塚) 一里塚まんじゅうと史跡
■北区滝野川 重吉稲荷神社と平尾一里塚の東側の小道にあった廻国塔
■加賀藩下屋敷にあった山々 現存する大山(築山)
■文京区千駄木 大聖寺藩下屋敷跡 大名庭園の旧態を保つ須藤公園
■新選組 沖田総司 逝去の地と玉川上水余水吐
■雑司ヶ谷霊園 ジョン万次郎墓
■雑司が谷 未来遺産 雑司が谷・高田と池袋本町と板橋宿をむすぶ高田道
■雑司ヶ谷 宣教師 マッケーレブ邸
■雑司ヶ谷 御鷹方御組屋敷道
■薩摩義士 平田靫負(ひらたゆきえ)
■富士・大山道の道標と庚申塔 下練馬大山道の道標と東高野山の道標
■板橋区志村 旧中山道 富士・大山道の道標と庚申塔
■板橋区志村2丁目(志村坂上)の住宅にある庚申塔
■体の中にいる虫 旧川越街道にある青面金剛像が彫られたものとしては都内最古の庚申塔
■旧川越街道 下練馬宿の北町観音堂
■練馬区田柄二丁目 (旧)川越街道と所沢道の追分に立つ庚申塚(庚申塔・道標) 鎌倉街道
■練馬区高稲荷公園内の庚申塔 埼玉道(旧埼玉道、都道442号線)
■練馬区 ふじ大山道
■清戸道の名家
■池袋 四面塔尊 辻斬残骸 無縁仏の供養
■新宿に縄文人現る
■日本人のルーツ
■縄文人の核DNA解析
■縄文人の一生 -西ヶ原貝塚に生きた人々- 武蔵国豊島郡の郡衙跡と鎌倉街道
■内藤新宿 天龍寺の時の鐘 かつて境内にあった池は穩田川(渋谷川)の源流のうちのひとつ
■古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
■板橋区仲町 轡神社近く 鎌倉街道沿いの庚申塔
■板橋区仲町(旧 山中) 鎌倉街道沿い 徳川家康の乗馬のくつわを祀ったともいわれる轡神社
■鎌倉街道と新旧川越街道の交差点にある手押しポンプ(井戸水)
■渋谷区代官山 猿楽塚(猿楽塚古墳 猿楽神社)と鎌倉街道 中道
■渋谷区猿楽町 重要文化財 旧朝倉家住宅
■旧鎌倉街道 中道編
■鎌倉街道 中道 西巣鴨〜西早稲田
■鎌倉街道 中道 北区中十条
■豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
■鎌倉街道 中道 並木橋
■板橋区赤塚 鎌倉古道
■豊島区巣鴨 旧中山道と平行に続く江戸橋通り 米屋伊勢五などの出桁造り
■切支丹屋敷跡地からシドッティ 切支丹坂
■文京区小日向 切支丹坂に間違えられた庚申坂
■江古田古戦場(江古田・沼袋原の戦い 江古田原合戦)
■上板橋宿と大山福地蔵尊
■町民を癒し見守る大山福地蔵尊
■豊敬稲荷神社 旧上板橋宿概要図
■上板橋宿にあるかつての“板橋”の親柱と距離の札
■板橋区弥生町 上板橋宿 豊敬稲荷神社の玉垣に刻まれた瀬戸川牧場
■豊島区上池袋 宝永の庚申塔とお茶あがれ地蔵
■地蔵・道しるべ(代官山 猿楽町)
■田端 東覚寺 赤紙仁王
■本郷肴町 棒兼
■池袋御嶽神社 ふくろうの像(梟の像 親子)
■豊島区東池袋 六つ又 子育地蔵尊
■三社様 浅草神社 被官稲荷神社 新門
■現存する都内の一里塚
■散歩RUN 志村一里塚〜桐ヶ丘団地〜赤羽八幡神社
■中山道 日本橋から三番目 不動の志村一里塚
■巣鴨 眞性寺の地蔵菩薩(子育地蔵尊) 実弟を重ねて
■巣鴨遺跡 町屋跡
■巣鴨庚申塚 巣鴨遺跡
■巣鴨遺跡 柳沢弾正少弼の屋敷
■巣鴨薬園跡 <豊島市場>
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■一橋徳川家 屋敷跡の千石緑地
■一橋徳川家 屋敷跡の徳川マンション
■台東区元浅草 誓教寺 葛飾北斎墓
■北区十条四軒道路にある出桁造り
■北区中十条2丁目、(篠原)演芸場通りの出桁造り
■北区王子3・4丁目の出桁造り
■北区王子本町の出桁造り
■目白通りにある出桁造り
■渋谷川 庚申橋供養碑
■王子稲荷神社 御石様
■王子稲荷神社 火防の凧(ひぶせのたこ)
■JR貨物北王子線と廃線跡
■JR貨物北王子線と廃線跡と映像
■JR貨物北王子線の廃線跡 線路撤去工事
■東十条駅 下十条運転区検修庫解体
■文京区西片 菊坂下 言問通りと北区滝野川 飛鳥山 本郷通りの出桁造り
■北区中十条3丁目の出桁造り
■文京区 大円寺 ほうろく地蔵と吉祥寺の比翼塚
■本郷追分と追分一里塚跡
■根津神社の塞の大神碑と追分一里塚跡
■板橋区高島平 徳丸ヶ原 蓮根馬頭観音縁起
■古道 高田道と旧川越街道の辻 四ツ又馬頭観音(板橋区登録有形文化財)
■電話番号の表札
■谷中、上野桜木の出桁造り
■板橋区新河岸三丁目 早瀬前遺跡 鎌倉街道 早瀬の渡し
■板橋区 前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡 常楽院収蔵の土器(前野町式土器<弥生土器>)
■板橋区前野町 常楽院年不詳阿彌陀三尊種子板碑(じょうらくいんねんふしょうあみださんぞんしゅじいたび)
■北区西ヶ原の出桁造り
■文京区根津の出桁造り
■国指定重要文化財(建造物) 旧渋沢家飛鳥山邸(晩香廬・青淵文庫) 北区西ヶ原二-十六-一
■北区王子 飛鳥山 渋沢栄一邸庭園 曖依村荘跡
■国指定史跡(大正十一年三月八日指定) 西ヶ原一里塚 北区西ヶ原二ー十三・四先
■五代将軍 徳川綱吉御殿跡之碑(練馬区北町1-14 北町小学校と田柄川の間) 脚気に効くと言われた練馬大根栽培・発祥の地と環状八号線の開通
■薬師の泉庭園 板橋区指定記念物
■板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り
■板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り2
■文京区本駒込 吉祥寺側の出桁造り
■板橋区栄町(大山)養育院 渋沢栄一
■滝乃川学園跡 三代目理事長 渋沢栄一
■西池袋 自由学園明日館
■十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
■十条台古墳群 十条冨士塚(冨士神社)の再整備(現状変更)と補助83号線
■十条台古墳群 十条冨士塚(冨士神社)の再整備(現状変更) その後7月・10月と“おふじ道”
■旧丹羽家の門と蔵 藤堂家の墓所
■豊島区駒込(染井) 西福寺への道標<大師道> 染井の泉と谷田川(谷戸川)の源泉の長池 染井吉野
■板橋区高島平 六の橋のグラフィック
■江戸城 松の大廊下跡
■醤油電車(東武東上線)
■下板橋駅ミニ写真展 東武東上線特急とマンモスプール
■台東区谷中 全生庵 山岡鉄舟 墓と山岡鉄舟居士之賛の碑
■経王寺 山門の弾痕と上野清水観音堂のアームストロング砲の砲弾
■同潤会 上野下アパート
■姥ヶ橋延命地蔵尊と根村用水(稲付川や中用水、北耕地川とも言われる)
■北区滝野川 三軒家 御代の台仲通り商店街の出桁造り
■駒込名主屋敷
■谷根千 よみせ通りと谷中四丁目の出桁造り
■護国寺惣門
■北区中十条(東十条) 地蔵坂
■北区中十条(東十条駅南口前) 地蔵坂の子育地蔵尊と庚申塔・道標<練馬道(豊島練馬道)>
■北区上十条2丁目の出桁造り
■北区上十条にある出桁造りと再開発により撤退した創業110年の八百市 橋本青果店
■北区滝野川八幡通りにある出桁造り
■東日本大震災石油輸送 EH200・DD51+タキ+DE10
■3月10日東京大空襲 湘南二宮町のガラスのうさぎ像 3月11日東日本大震災
■東海道本線 特急型車両185系普通列車と仕事の思い出
■台東区東上野五丁目 永昌寺 講道館柔道発祥の地

photo

2015 12/18 『ふと...』

1−2ヶ月前....
ふと寄った池袋西口パークで金粉ショウを見かけた。
すごい迫力だった。
すごく小さいパンツを履いていた。
至近距離から望遠レンズで狙われて、お手入れはたいへんだろうなとふと思った。
ふと思いだしたことがあった。
このパークは整備される前、今から30年弱前にぼくらはここでもスケートしてたんだと。ギャラリーもたくさんいて歓声や拍手に、もっと巧くなりたいなと思ったんだよなと。
朝JOGする時、ふと立ち寄るこのパーク、様々な人間模様をみる。
このパークは昔から様々な出来事があったなとふと思いだした。
もうちょい前にはここには闇市が広がっていたんだよな、そう言えば。

ふと足が向くところがある。
それは池袋の隣村の雑司ヶ谷、鬼子母神。
境内に樹齢700年くらいだろうと言われている大銀杏がある。
写真では伝わりにくいが、本当に巨木なのだ。
都の天然記念物に指定されていて冊に囲まれている。
木に触れると子供が授かるということから“子授けイチョウ”ともよばれていて、鬼子母神は安産・子安の神様。
ご縁のある王子、板橋宿そして雑司ヶ谷は一本の道でつながっている。
鬼子母神を後にして向う先は護国寺、神田川が削った谷に下ったり上ったりたいへんなんだけど、このコースってほんと気持ちがいいのです。

ランニングコースで立ち寄る鬼子母神、ふと思った、なぜか足が向く、なんでだろうと。
ふと思いだすことがある。
生まれてこれなかった年子の弟。
彼はなにをしたかったのかな。
いや、何をしたいのかと。
二人で生きていると思って今まで生きてきたから。

二。

長男なのに二、いいんですそれで。

photo

2015 12/17 『100冊』

芥川賞受賞作家又吉さんが、会見でがんばって100冊読んでみて、すると絶対に本好きになると思うんで...と言っていた。
小説の類いの本は子供の頃から今から9年ほど前までほとんど読んでこなかった。記憶にあるのは赤川次郎数冊に星新一数冊、そんなもんだ。
旅行中に時間があったので東野圭吾作品をしかたなく読みはじめて、あまりのおもしろさにどっぷりと漬かり読みあさった。
それからというもの様々な作品を次々と読み、本っておもしろいと中年になってから学んだ。人それぞれ、いいんですそれで。
それまでは専門書やバイク、カルチャー、ファッション雑誌くらいなもんでしたから、読書と言えば。
最近になってだいぶ読むスピードが上がってきたのもおもしろい。
どうだろう、とっくのとうに100冊は越えているが、どのくらい読んだのだろうか....いつの間にかに“読書好き”な人になっていて、気が合う作家に会うと、心が弾んでいて自分でもびっくりだ。
作家のあたまん中はどうなっているんだろうと心底思う。
さて、知らないことだらけなんで、最近知った辻村さん、ウィキで直木賞作家のページからチェック、さっそく読んでみると、とてもおもしろい。テクニックにも感心...涙も流れた。

本は手元になるべくおいときたくないので、近くにある図書館が大活躍。
3つの区に渡って借りられるのも良いもんです。

photo

2015 12/16 『アパレルとスケートとランニング』

今から20年ちょい前、裏原宿とかいわれ出した頃に友達がお店を開いた。
米国のスケートブランドを買い付けに行き店頭に並べていた。
ブランドはZoo Yorkやkinkyなどで、しばらくしてオリジナルブランドも展開していった。いわゆる裏のメインストリートの路面店だったので6畳ほどの店内でも家賃がかなり高かったと記憶している。自分はお店のデザインなどをさせてもらっていた。
そんな当時、ショップ関係者らが宣伝を兼ねてこぞって履いていたのがPKGというブランドのシャカシャカパンツだった。これはHECTICのディレクターでプロスケーターの江川さんのオリジナルブランドだ。
via いまさらだけど「服づくり」を語る。
知っている方には懐かしい商品ではないだろうか。
車両に乗る時のオーバーパンツとしても活躍、ミドルエイジに突入し、健康管理としてたばこをやめてランニングしはじめたその年の冬にはこのシャカパンを履いて4km〜6kmとゆっくりゆっくりジョグをしていたのをviaの記事で思いだした。
型から入らないタイプなのでランニング専用ではないこれもいいものだったし、シューズはエアモックテキスタイルといういでたちだ。
最近ではヴィンテージキング(古着屋)も復活したり、再び熱を帯びてきているのだろうか。
スケートもまた盛り上がってきているようだし、復活して滑りはじめた中年スケーターもちらほらいるという。中年になってかつてを懐かしみ、旧車を手に入れてカスタムし走り回る人と同じ感覚だと思う。
ガラガラガーバッタン!ガリガリガリ、バタン!とうるさいように週末の晩や土日の朝晩に爆音を轟かせて首都高を走るのとそれも同じようなことだろう。なるべく静かにとソフトなウィール(スケートボードのタイヤ)を履かせているが、トリックをするとやはりそれでも音はするので...

今年の秋は長かったし、暖冬のようで、日中だとクール素材のカモフラ3/4タイツで十分だ。ちなみにショーツは海パンだ。
ザッザッとかバタバタッとか足音が大きいランナーは運動効率がよくない脚運びだと聞いたことがある。音がする=抵抗があるということなのだろう。
スケートボードのウィールも路面状態によって変えるわけだが、ぴったり合っているととても静かに抵抗なく進む。ぜんぜんシューズ音がしないランナーと同じように効率がいいということだ。
シューズは空気圧も含めた車両のタイヤのようなもので、それぞれの脚や速度によってまったく違うものになる。
自分はランニングで疲れてくるとバタバタしがちになるので、そんな時は家から遠かったりすると、ランニングを止めて一杯飲んで電車で帰ってくることも多々ある。それも一興。
そんなこともスケートやバイクやランニングが似ているトコでもある。

photo

2015 12/15 『お手入れ』

たぶん9年ぶりくらいにライダースの手入れをした。
車両に乗る時はもっぱらブルゾンやpatagoniaのシェルジャケット、軽いフェイクレザーにウインドブレーカーなどを組み合わせて着ることがほとんどで、重く感じるレザーはほとんど着ていなかった。
前のポケットを掃除したらかっちかちのビーフジャーキーが、サイドのポッケからはマルボロ赤の吸い殻が出てきた。時代をさかのぼって思いだすと...おそらく20年ちかく前のものだと思われる。
このライダースは618というモデルで、革はカウハイドと言って生後2年前後の出産経験のあるメス牛の皮を使っていて、やわらかいのが特徴でタウンユース的なモデル。硬くないので着やすい。
二の腕部分が4cm×4cmほど破けているのは、トライアルバイクでハングオンしてコーナーを攻めた時にすっころんで地面のコンクリートにひっかけたからだ。裏からボンドで革を当てて補修。
買ったのは約四半世紀前で、サイズは38、今となっては逆に大きくて、ジャストサイズだと36か34あたりだろうと思う。ランニングの影響で高校生の頃よりも今の方が痩せている。
親知らずの神経奪取による痛み止めクスリ...親知らずは上下ギリうまいこと生えていて、取らない方向でお手入れをしている。
そして木のテーブルのお手入れはコンディションによって年に何回かブライワックスでぬりぬりして、ウエスはでろんでろんに伸びたサーマル。
年季の入ったスクレイパーが我の誇りだ。
うちにある道具や工具で家のことの大部分をお手入れすることができる。
スケーターやバイク乗りは以外と見かけによらず手先の器用な人が多かったりする。

加齢による身体のあちこちの痛み....イテテッ、身体のお手入れもぐっと必要になってきている。9年前、もし身体のことを気にかけずに体質改善に取り組んでいなければほんと死んでいたかもしれないと思う。

photo

2015 12/10 『取っておく方』

自分が通っている美容室は恵比寿と代官山の中間にある。
以前は原宿、現在の表参道ヒルズの真裏にあったが、開発によって移転を余儀なくされた。
かれこれ20年近くちょきちょきしてもらっていることになる。
オーナーはスケーターで今でも週に2回くらいはパークなどで滑っていて、ボクら世代のちょい上の先輩スケーターとして顔の広い方だ...歴は30年くらいはいっていることだろう。
彼にデッキは取っておく方かとっとと捨てる方かを聞いたら、前者だと言っていてなんと50枚以上はあると、で、個展したら見どころ満載でおもしろいかもねと、そんな話になった。
自分もデッキは捨てないで取っておく方なので、7枚ある。そのなかでコンプリート(滑れる状態のもの)が3つ.....かつての生活の一部、自分の一部のような感覚があるので取っているとも言える。

物が多いのっていろいろと窮屈に感じるのでなるべく物には固執しないで処分するようにしているが、スケートボードと同じような感覚があるランニングシューズも取ってある。
全部で6足だ。
走っている割にはたぶん少ない方かなと思うも、周りにランナーがほとんどいないので分らないが。
3−4足あると履きまわせるので、寿命が長いということもあるのだろう。
上の黒いシューズが初めてので、順に下のが新しいものでVAZEE RUSHというモデル。自分のような健康管理的に走っている人にはちょうどいい製品。
つま先がけっこう上がっているので、足さばきがよくて走りやすいのが特徴だ。個人的にはヒールのホールド感がもうちょいあった方がいいな。
ちょこちょこ激しい運動にも向いているようで、フィットネスランナーからレースまで対応できるようだが、どうだろうか。

ソールの状態がよくないからランニングするには向かないシューズもあり、普段履きでは十分なのでなかなか処分できないというのもあるが、捨てにくいものだ。

スケートボードで走る、自転車で走る、バイクで走る、ランニングシューズで走る.....ツールをどれにしようかとチョイスする感じ、精神的に気持ちがいいしやっぱり共通要素があってどれもいいものです。

photo

2015 12/1 『下町ロケット2』

さすがの直木賞作家、下町ロケットは一気読みだった。
ドラマをやるというので見てたら、展開がとても早くて、最近のドラマはいつのまにかこんなにはやくなったのかと....それともたまたまか??
すぐ2の本を読もうと思うも、すぐドラマ2が始まり10Pくらい読んで追い越され...
読むのをやめた...なんとも後味が悪い感じだ。

話題になっているだけあっておもしろい。