Content
line
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月
line
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2017 7/14 『ソーキそば』

まいばすけっとというストアにある冷凍ソーキそば、¥200位。
炙り軟骨ソーキとかまぼこと紅しょうがが付いていて、これがなかなかおいしい。
ソーキなんて十分おいしいし、このお値段ですごいなと思うのだが。
4分半ほどチンして、400ml(指示だと300ml)くらいの熱湯にスープを溶かして、具と麺とたまごとねぎをイン。
とても簡単....塩っけが強いのでお湯は多めの方が個人的にはおいしい。

あっという間に梅雨も過ぎ(まだ梅雨明けしていないけど、もう真夏ですよね)、扇風機の風を浴びながらソーキそばを食べるのもいいものです。
うだるような暑さでうんざりしている方も多いけど、コレほんとおすすめ。

photo

2017 7/13 『FUCK YOU』

Mayweather vs McGregor World Tour: Los Angeles Faceoff

via (youtube)

おしゃれで格好いいマクレガー.....
ストライプのスーツかと思いきや、FUCK YOUになっている。
いい挑発だ。
メイウェザー、気付いていないんじゃないのかな。

メイウェザーとはすんごい元ボクサーでマクレガーとはすんごい現役の総合格闘家で、歳の差は12歳。
今回の試合はボクシング型式で行われるから、メイウェザーが有利と言われている。
マクレガーは今回が初めてのボクシングの試合ということもありで。
果たしてどうなるか。
8/26....楽しみだ。

Conor McGregor vs Floyd Mayweather | TOP 5 KNOCKOUTS via

photo

2017 7/12 『中山道 齋藤商店』

R17号をよく走っている方ならおそらくご存知だろう建物がある。
場所は志村坂上の一里塚にある齋藤商店。
クラシックな佇まいゆえに、タイル貼りの集合住宅ばかりの街道沿いでは特に目立つ存在だろう。
5年前に登録文化財となったと案内板に書いてある。
やっとようやくといったところだろう。
一里塚と一体となった齋藤商店は、かつての景色を彷彿とさせるようで、個人的にはとても好きな場所。
....現在では中山道は中仙道とも書くが、幕府は中山道という表記を正式としたという。

--------------------
齋藤商店は、欅(けやき)を主に扱う原木商として明治二十二年(一八八九)に当地で創業しました。
現在は竹材を主とし、笈や箒などの竹製品も商っています。
現在の建物は、昭和八年(一九三三)の中山道(現:国道十七号線)の拡張工事に伴って新築されたものです。
建物全体は、店舗部分と住居部分が一体となっており、下屋庇を廻したL型平面の位入母屋造桟瓦葺の平屋に二階部分を載せた複雑な構造となっています。
築材には国産材を使っており、また宮大工が建てたとも伝わりますが、大工の名前などは不明です。
建物の外観には、破風を各所に見せる複雑な屋根の構成や、二階の窓の手すりに高欄風の反りを持たせるなどの意匠が見られます。さらに外壁には真壁漆喰塗りが施されています。
齋藤商店は、郊外の独立住宅の趣を呈する区を代表する近代和風建築であり、近接する志村一里塚(大正十一年国史跡)と一体化した町のランドマークとしても親しまれています。また、平成四年には「活き粋いたばしまちなみ景観賞」にも選ばれています。
齋藤商店は、区の歴史や文化に関係が深く、また、意匠的、技術的にも優秀であることから、区の建築史を明らかにするうえで重要な建造物です。平成二十四年度に登録文化財となりました。
平成二十六年二月 板橋区教育委員会
--------------------

【過去記事】
幕末を巡って
散歩JOG
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
吉祥寺 榎本武揚の墓
榎本武揚から緒方洪庵へ
高島流
大円寺 高島秋帆の墓
明暦の大火と本妙寺 遠山金四郎景元の墓
幕末の幕臣 山岡鉄舟の墓
千葉周作の墓 木戸孝允の駒込別邸
板橋城跡 赤塚城跡
遺されたものが語ること#2 石神井城跡
仙がい義梵
迷子センター
別れの橋跡・見送り坂と見返り坂 本郷4-37先本郷通り
縁切り榎 政略結婚と女性救済の場
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
目白台 台地の屋敷
近藤勇と新選組隊士供養塔
新選組 沖田総司 逝去の地
雑司ヶ谷霊園 ジョン万次郎墓
案内標識と庚申塔
清戸道の名家
池袋 四面塔尊
新宿に縄文人現る
加賀藩中屋敷跡 旧駕籠町
内藤新宿 天龍寺の時の鐘
古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
旧鎌倉街道 中道編
鎌倉街道 中道 西巣鴨〜西早稲田
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
鎌倉街道 中道 並木橋
ハッピーロード大山商店街 横道に佇む“命”の碑
補助第26号 板橋区大山 山中通り商店街
江戸橋通り 出桁造り

板橋宿中宿名主飯田家(総本家)跡』案内板
切支丹屋敷跡地からシドッティ
江古田古戦場
ふじ大山道
御鷹方御組屋敷道
上板橋宿と大山福地蔵尊
宝永の庚申塔とお茶あがれ地蔵
地蔵・道しるべ(代官山 猿楽町)
田端 東覚寺 赤紙仁王
中山道 齋藤商店
現存する都内の一里塚
東京第一陸軍造兵廠 標石 陸軍用地
巣鴨 眞性寺の地蔵菩薩
千石緑地
延命地蔵堂の石造物群
観明寺 左甚五郎作の龍
板橋遊郭 新藤楼
旧中山道はタネ屋街道
葛飾北斎墓
旧中山道に現存する出桁造り(2017.11/6 加筆)
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
北区十条四軒道路にある出桁造り
日曜寺の扁額
目白通りにある出桁造り
渋谷川 庚申橋供養碑
JR貨物北王子線と廃線跡
陸軍板橋火薬製造所跡
加賀前田家下屋敷跡 〜江戸下屋敷平尾邸〜
加賀公園 電気軌道(トロッコ)線路敷跡
文京区西片 菊坂下 言問通りと北区滝野川 飛鳥山 本郷通りの出桁造り
北区中十条3丁目の出桁造り
文京区 大円寺 ほうろく地蔵と吉祥寺の比翼塚
旧中山道 縁切榎
根津神社の塞の大神碑と追分一里塚跡
蓮根馬頭観音縁起
四ツ又馬頭観音
北区中十条2丁目、(篠原)演芸場通りの出桁造り
北区王子3・4丁目の出桁造り
電話番号の表札
小松屋横町道
谷中、上野桜木の出桁造り
板橋区新河岸三丁目 早瀬前遺跡
板橋区赤塚 鎌倉古道
北区西ヶ原の出桁造り
文京区根津の出桁造り
国指定重要文化財(建造物) 旧渋沢家飛鳥山邸(晩香廬・青淵文庫) 北区西ヶ原二-十六-一
国指定史跡(大正十一年三月八日指定) 西ヶ原一里塚 北区西ヶ原二ー十三・四先
五代将軍 徳川綱吉御殿跡之碑(練馬区北町1-14 北町小学校と田柄川の間)と環状八号線の開通
板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り
板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り2
文京区本駒込 吉祥寺側の出桁造り
板橋区栄町(大山)養育院 渋沢栄一
十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
旧丹羽家の門と蔵 藤堂家の墓所
板橋区高島平 六の橋のグラフィック

photo

2017 7/6 『赤羽台第3号古墳石室』

北区中央公園内に赤羽台の星美学園敷地から発掘され、移築された古墳がある。
赤羽台古墳群は古墳時代後期の6世紀後半から7世紀前半に造られたという。
発掘品からみると権力を持った人物だったのではないだろうか。

--------------------引用
この古墳の石室は、昭和57年7月、東北新幹線工事にともなう発掘調査により発見されたものです。
ほかに十数基の古墳、横穴墓群、多数の竪穴住居跡が見つかっています。 北区の歴史を知る上で貴重な資料であるため、石室をそのまま切り取って移設し、展示しているものです。
この石室は、今から約1400年前の古墳時代に作られた横穴式石室です。
現在は、石積みが二段しか残っていませんが、当時は数段積まれ、その上に天井石をのせたものと推定されています。
石材は、凝灰質砂岩で海浜の自然石を用いたものです。また床面には全面に小石が、一部にカキ殼も敷かれていました。
石室の中には、人骨とともにガラス玉・碧玉製の管玉・耳飾りなどの装身具と直刀・矢の先に付けられる鉄鏃などの武器類が、副葬品として納められていました。
--------------------

赤羽台古墳群は武蔵野台地の縁にあり、赤羽から上中里にかけて、たくさんの遺跡(複合遺跡)があることで有名。
国指定文化財である中里貝塚、武蔵国豊島郡の豊島郡衙渋沢栄一邸宅などがあるように旧石器時代、1万年続いた縄文時代から古墳時代、奈良平安時代、現代にかけて続く一等地とでもいえるだろう。

【過去記事】
谷端川(源泉から池袋本町)
谷端川 2(池袋本町から小石川)
谷端川と池袋の名の由来
神田川に注ぐ谷端川
谷端川のお多福弁天
谷端川 田楽橋
谷端川 大塚にある瀧不動
板橋区大山西町の用水路
石神井川
かつての石神井川
石神井川 旧河道
石神井川 旧河道の露頭
昭和の石神井川
霜降銀座 古石神井川と谷田川
石神井川 沼
石神井川に佇む不動明王 安全の祈願
石神井川の付け替え
石神井川 東宮降誕植桜之碑
石神井川とエンガ堀の合流地点にかつてあった積田牧場大谷口搾乳所
旧石神井川(古石神井川)の跡 飛鳥山・滝野川付近
中板橋のプールと水神宮、練馬城 住宅地にある堀
下野谷遺跡
王子七滝
長池跡(谷田川源流)
谷田川に架かっていた橋の親柱(芥川龍之介墓所 慈眼寺)
不忍池
水窪川
田柄川
ボクらのホームグラウンド、前谷津川
ボクらのホームグラウンドの前谷津川の支流
池袋の川 弦巻川
千川上水跡
分水嶺、千川上水調節池跡
千川上水 喜内古屋水車跡
千川上水 水神様
豊島区 千川上水公園と千川上水分配堰碑
玉川上水
玉川上水 旭橋の石柱と下水用石樋
渋谷川 氾濫危険水位
渋谷川の再生と白根記念 渋谷郷土博物館
河骨川(春の小川)
自然の猛威 渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流付近の谷
水無橋 神南2丁目1番先
穩田川(渋谷川)の支流
渋谷川 庚申橋供養碑
鎌倉街道 中道 並木橋
内藤新宿 天龍寺の時の鐘
新選組 沖田総司 逝去の地
中台馬場先貝塚
池袋富士塚と池袋貝塚
池袋東貝塚遺跡
急傾斜地
新宿区 赤城元町の崖
赤塚不動の滝と大根
四谷荒木町 策の池、紅皿の墓
のぞき坂
巣鴨遺跡
駒込富士神社と古墳群
猿楽古代住居跡(代官山)
東池袋遺跡
庚申塚 巣鴨遺跡
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
須藤公園
根ノ上遺跡
稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)
田柄川の水源と茂呂遺跡
豊島区の湧き水と池
稲荷台遺跡
赤羽自然観察公園の湧水
公開された茂呂遺跡
東京の坂道 網干坂
北区西ヶ原 熊野坂
北区十条仲原 游鯉園の坂
逆川(古石神井川の流路)
今宮神社駐車場の湧水
赤羽台第3号古墳石室
巣鴨遺跡 町屋跡
巣鴨遺跡 柳沢家
出井の泉跡(出井川)
板橋区 清水坂
北区 道音坂
赤羽西二丁目地区急傾斜地崩壊危険区域と稲付城跡にある静勝寺から宝幢院の道標
縄文人の一生 西ヶ原貝塚に生きた人々
北区赤羽西 真正寺坂
板橋志村、この地に生きて 大野邦雄 遺稿集
北区滝野川 狐塚の坂
庚申塔 恵比寿西二丁目11番7号
弥生式土器の発見地
文京区小日向二丁目19と21の間 鷺坂
北区西ヶ原 大炊介坂(おおいのすけざか)
戸田橋の親柱と武蔵野台地の崖線
板橋区・北区 御代の台

photo

2017 7/3 『今宮神社駐車場の湧水』

文京区小日向に今宮神社がある。
地図の赤丸のところで、小日向台の崖下にある。
ここは池袋の東急ハンズ付近(美久仁小路)から湧き出した水窪川が削った崖で、なかなかの高低差がある。写真1−2枚目。
今でこそマンションなどのビルディングが立ち並んでいて遠くは見えないが、60年代くらいまでは、眺望が良かったために、スカイハウスという名建築が建てられた。
【過去記事 水窪川

崖沿いの道は暗渠となって消滅した水窪川で、崖のコンクリートからいくつか水がしたたっていて、湿気が溜まってどんよりとしているような場所もある。
今宮神社駐車場の側溝を覗くと、ポコッポコッと音をたてながら小日向台の崖下から、水量は豊富ではないが、割ときれいな水が湧きだしている。写真3枚目。
雨が降ればもっと湧きだしてくるのだろう。
湧き水はフェンスの中へと消えて、下水道へと流れていく。
アスファルトで覆われる前は、この他にもあちらこちらと湧きだして、水窪川へ、そして神田川へと流れこんでいたのだろう。

【小日向台の他の関連記事】
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
切支丹屋敷跡地からシドッティ

【過去記事】
谷端川(源泉から池袋本町)
谷端川 2(池袋本町から小石川)
谷端川と池袋の名の由来
神田川に注ぐ谷端川
谷端川のお多福弁天
谷端川 田楽橋
谷端川 大塚にある瀧不動
板橋区大山西町の用水路
石神井川
かつての石神井川
石神井川 旧河道
石神井川 旧河道の露頭
昭和の石神井川
霜降銀座 古石神井川と谷田川
石神井川 沼
石神井川に佇む不動明王 安全の祈願
石神井川の付け替え
石神井川 東宮降誕植桜之碑
石神井川とエンガ堀の合流地点にかつてあった積田牧場大谷口搾乳所
旧石神井川(古石神井川)の跡 飛鳥山・滝野川付近
中板橋のプールと水神宮、練馬城 住宅地にある堀
下野谷遺跡
王子七滝
長池跡(谷田川源流)
谷田川に架かっていた橋の親柱(芥川龍之介墓所 慈眼寺)
不忍池
水窪川
田柄川
ボクらのホームグラウンド、前谷津川
ボクらのホームグラウンドの前谷津川の支流
池袋の川 弦巻川
千川上水跡
分水嶺、千川上水調節池跡
千川上水 喜内古屋水車跡
千川上水 水神様
豊島区 千川上水公園と千川上水分配堰碑
玉川上水
玉川上水 旭橋の石柱と下水用石樋
渋谷川 氾濫危険水位
渋谷川の再生と白根記念 渋谷郷土博物館
河骨川(春の小川)
自然の猛威 渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流付近の谷
水無橋 神南2丁目1番先
穩田川(渋谷川)の支流
渋谷川 庚申橋供養碑
鎌倉街道 中道 並木橋
内藤新宿 天龍寺の時の鐘
新選組 沖田総司 逝去の地
中台馬場先貝塚
池袋富士塚と池袋貝塚
池袋東貝塚遺跡
急傾斜地
新宿区 赤城元町の崖
赤塚不動の滝と大根
四谷荒木町 策の池、紅皿の墓
のぞき坂
巣鴨遺跡
駒込富士神社と古墳群
猿楽古代住居跡(代官山)
東池袋遺跡
庚申塚 巣鴨遺跡
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
須藤公園
根ノ上遺跡
稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)
田柄川の水源と茂呂遺跡
豊島区の湧き水と池
稲荷台遺跡
赤羽自然観察公園の湧水
公開された茂呂遺跡
東京の坂道 網干坂
北区西ヶ原 熊野坂
北区十条仲原 游鯉園の坂
逆川(古石神井川の流路)
今宮神社駐車場の湧水
赤羽台第3号古墳石室
巣鴨遺跡 町屋跡
巣鴨遺跡 柳沢家
出井の泉跡(出井川)
板橋区 清水坂
北区 道音坂
赤羽西二丁目地区急傾斜地崩壊危険区域と稲付城跡にある静勝寺から宝幢院の道標
縄文人の一生 西ヶ原貝塚に生きた人々
北区赤羽西 真正寺坂
板橋志村、この地に生きて 大野邦雄 遺稿集
北区滝野川 狐塚の坂
庚申塔 恵比寿西二丁目11番7号
弥生式土器の発見地
文京区小日向二丁目19と21の間 鷺坂
北区西ヶ原 大炊介坂(おおいのすけざか)
戸田橋の親柱と武蔵野台地の崖線
板橋区・北区 御代の台