Content
line
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月
line
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2018 10/26 『ラーメンになっちゃうよ』

昔むかし、ラーメンばっかり食べていたら、母に「そんなにラーメンばかり食べていたらラーメンになっちゃうよ」と、言われたことがある。

10月の週末はよくラーメンを食べた。
よくネットで目にする言葉だけど、「あそこのラーメンまずい」とかって、あまり意味が分からない。
だいたいラーメンって、どこのをいただいても美味しいから。

昔は濃いラーメンのみだったけど、最近は薄味のラーメンに移行しつつあるのは、加齢ですね。
でも、家系はたまに食べるけど、やっぱり酒呑んで、食欲をわかしておかないと食べられないかな。。加齢ですかね。。

先日、ひさしぶりに自分の時間が持てたので、上野へひとっ走り。
今まではこのくらいの距離でもぜんぜん疲れなかったんだけど、やはりあまり走れていないから、まぁまぁ疲れる。
一杯ひっかけて、少し歩いて電車で帰宅。

で、義理母が慰労会をしてくれて、寿司屋へ。
キンキも中トロも大トロ、かんぱちも全部美味しかったけど、昔は10皿で今は5皿くらいで腹いっぱい。
一般的な男よりも、自分はよく運動をしているけど、やっぱりこれも加齢かな。。どうなんだろうか。

ぜんぜん走れていないけど、よく歩いている。
一万歩以上/日もざらにある。

さて、来週の月曜日で一段落するので、やっと自分の時間が多く持てるようになる。気が楽になるのがうれしい。
季節の変わり目、ご自愛ください。

photo

2018 10/1 『台風襲来前に』

7月のランニングは29.1km
8月は17.7km
9月は12.1km
アベレージで100km/月なので、1/10くらいしか走れていなかった。
10月はもう少し時間がとれるかな、どうだろう。

さて、久しぶりに副都心をぐるぐる走って、池袋西の御嶽神社、雑司が谷の鬼子母神へ。
台風襲来前のひと時、雨にあたって濡れたけど、それも気持ちが良いもの。
ゆっくりペースで計測されているけど、実際はもうちょい速かったと思う。
嵐の前の静けさ、天気予報の精度がかつてよりも高いので、街にはけっこう人が出ていた。
一週間ほどアルコール摂取していなかったので、一ヶ月のブランクでも、よく脚が動いて心肺もあまり辛くなかった。飲まなきゃ良いのにって。

汗だくで飲むビールがうまい。

気づくともう10月で、秋を感じる寒さに、五目麺でぽっかぽか。
そうこうしていると、年明けですね。

photo

2018 10/1 『過ぎ去った夏』

今年の9月は目をつむって開けたら終わっていたような速度で過ぎていった。
8月もとてもはやかった。

8月のお盆にようやく自分の時間ができたので、ヘアのお手入れに。
40℃ちかくになる日もあった酷い夏、ランニングはほとんどできなかったかわりに、よく歩いた。
町をうろうろ買い物などをして、約3時間のウォーキングを楽しみ、恵比寿のUniqueに到着。
ほぼ寝てしまっていたので、オーナーとはあまりお話もできず、かつらのようなヘアカッティング後のゴミを撮影。
フリーペーパーというかブックをもらい、渋谷で一杯ひっかけて帰路へ。
さっぱりさっぱり。

8/25、この日は地元の高島平(西台)にて、スケート仲間の親友の二周忌呑み会を。遠くはドイツから参戦。
たまたま自分の誕生日と重なってしまったので、生と死をげらげら笑いながら弔いとお祝い。わざわざケーキを買って用意してくれていて、実に恥ずかしかった。
祝って欲しいタイプとそっとしておいてほしいタイプがいると思うが、もちろんうれしいのだが、自分は後者だ。どうしていいか分らない気持ちになる。自分で主宰して誕生日会を開く猛者もいますね。
激暑な店内と激熱なもんじゃとお好み焼きはとてもおいしかった。

突然逝った友、やはいものでもう二年になる。
彼んちで飼っていたビーグル犬がモティーフのプロポーズという名の地元スケート仲間たちのサッカーチーム。
このグラフィックはこの友が描いたものだ。
ウエアからはぎ取ったワッペンは宝物。
いまでも大切に持っている。
今度このワッペンをスキャニングして、耐候性ありのステッカーを作って皆に配ろう。

生と死。
皆それぞれ一所懸命たくさんのことを経験して生きている。
「また出逢って、共に生きましょう」