Content
line
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月
line
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2014 11/26
『案内標識と庚申塔』

地図を片手にナビゲーション...
これも今となっては昔のこと。
カーナビが主流、端末をいじって地図。

20年前は地図をバイク積んであちこち出かけた。
道端に止めて何回も確認したし、目的地の地図をコピーして観光。
地図と案内標識を確認して、あとは感で。
ぼろっぼろになった都内編や全国地図は今でも大切に本棚に収納、未開通だった道はどんどん開通して、昔のインフラを見返すのもおもしろい。
トイレに入る時には地図を片手にがいつものことだった。
今では古道を調べたりするのもおもしろくて...
古道は今でも生活道路として生き残っていたり、今となってはもう消滅した古道もたくさんある。

昔は道も少なくて、ある意味目的地へは行きやすかったのかもしれない。
道をまちがえちゃったらえらい距離をまた戻ることになっただろうけど。
飛脚なんてすごい仕事だなとつくづく思う。

現在の道にもあちこちにかつての道標が残っている。
刻まれた文字が読めると感動したりもする。
上から2枚目、富士や神奈川の大山へとお参りに行く人への道標で、板橋区の志村坂上の旧中山道に建っている。
かつての人々は「ふむふむ、こちらか」と確認していたのだろう。
残念ながら大山道はきれぎれになっていたり、完全に消滅していたりもするが、おおむねこの道がその筋という道もある。
道標は移設されたり、位置を変えられたりもしているが、点々と存在しているので、時間と体力があれば巡ってみるのも地域史や日本史を知るいい手段だろう。

板橋区や練馬区の富士大山道は環八と富士街道がほぼそれにあたる。
4枚目の地図をみるとわかるだろうか。

5枚目以降、
環八と旧川越街道の交差点に建っている道標。
ここらへんは下練馬宿だったところで、要衝だったのだろう。
従是大山道(これより大山道)と刻まれた文字が立派で力強い、間違いない安心せよと言っているようで。
大山道の道標はあちこちに現存しているが、石神井川沿いにも立派なのが建っている。
大山道の道標の隣に建っているのは紀州の高野山へは行けないけど、高野台に今でもあるお寺さんへと参拝にいく人のための道標。
保存のために、これらの道標は交差点から移動されて90度向きも変わったので今ではその方向を示していないけど、見やすくなったようだ。

江戸時代の交通や信仰を物語る貴重な資料、その通りですね。

ランニングシューズを履くようになって、流れる風景の速度が落ち、まぁ今まで見えなかったものがたくさん見えてくるけど、目的地へ遅れちゃったり、なかなか着かない、なかなか帰宅できない、「ちょっと走ってくる」と朝玄関を出て、暗くなって帰ってくる、心配させる。ま、しょうがない。
めんどうになって帰りは電車にして、駅まで一杯呑んで帰るのもいいもんです。

【過去記事】
幕末を巡って
散歩JOG
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
吉祥寺 榎本武揚の墓
榎本武揚から緒方洪庵へ
高島流
大円寺 高島秋帆の墓
明暦の大火と本妙寺 遠山金四郎景元の墓
幕末の幕臣 山岡鉄舟の墓
千葉周作の墓 木戸孝允の駒込別邸
板橋城跡 赤塚城跡
遺されたものが語ること#2 石神井城跡
仙がい義梵
迷子センター
別れの橋跡・見送り坂と見返り坂 本郷4-37先本郷通り
縁切り榎 政略結婚と女性救済の場
徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
目白台 台地の屋敷
近藤勇と新選組隊士供養塔
新選組 沖田総司 逝去の地
雑司ヶ谷霊園 ジョン万次郎墓
案内標識と庚申塔
清戸道の名家
池袋 四面塔尊
新宿に縄文人現る
加賀藩中屋敷跡 旧駕籠町
内藤新宿 天龍寺の時の鐘
古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
代官山の古墳と鎌倉街道 中道
旧鎌倉街道 中道編
鎌倉街道 中道 西巣鴨〜西早稲田
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
鎌倉街道 中道 並木橋
ハッピーロード大山商店街 横道に佇む“命”の碑
補助第26号 板橋区大山 山中通り商店街
江戸橋通り 出桁造り

板橋宿中宿名主飯田家(総本家)跡』案内板
切支丹屋敷跡地からシドッティ
江古田古戦場
ふじ大山道
御鷹方御組屋敷道
上板橋宿と大山福地蔵尊
宝永の庚申塔とお茶あがれ地蔵
地蔵・道しるべ(代官山 猿楽町)
田端 東覚寺 赤紙仁王
中山道 齋藤商店
現存する都内の一里塚
東京第一陸軍造兵廠 標石 陸軍用地
巣鴨 眞性寺の地蔵菩薩
千石緑地
延命地蔵堂の石造物群
観明寺 左甚五郎作の龍
板橋遊郭 新藤楼
旧中山道はタネ屋街道
葛飾北斎墓
旧中山道に現存する出桁造り(2017.11/6 加筆)
豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
北区十条四軒道路にある出桁造り
日曜寺の扁額
目白通りにある出桁造り
渋谷川 庚申橋供養碑
JR貨物北王子線と廃線跡
陸軍板橋火薬製造所跡
加賀前田家下屋敷跡 〜江戸下屋敷平尾邸〜
加賀公園 電気軌道(トロッコ)線路敷跡
文京区西片 菊坂下 言問通りと北区滝野川 飛鳥山 本郷通りの出桁造り
北区中十条3丁目の出桁造り
文京区 大円寺 ほうろく地蔵と吉祥寺の比翼塚
旧中山道 縁切榎
根津神社の塞の大神碑と追分一里塚跡
蓮根馬頭観音縁起
四ツ又馬頭観音
北区中十条2丁目、(篠原)演芸場通りの出桁造り
北区王子3・4丁目の出桁造り
電話番号の表札
小松屋横町道
谷中、上野桜木の出桁造り
板橋区新河岸三丁目 早瀬前遺跡
板橋区赤塚 鎌倉古道
北区西ヶ原の出桁造り
文京区根津の出桁造り
国指定重要文化財(建造物) 旧渋沢家飛鳥山邸(晩香廬・青淵文庫) 北区西ヶ原二-十六-一
国指定史跡(大正十一年三月八日指定) 西ヶ原一里塚 北区西ヶ原二ー十三・四先
五代将軍 徳川綱吉御殿跡之碑(練馬区北町1-14 北町小学校と田柄川の間)と環状八号線の開通
板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り
板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り2
文京区本駒込 吉祥寺側の出桁造り
板橋区栄町(大山)養育院 渋沢栄一
十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
旧丹羽家の門と蔵 藤堂家の墓所
板橋区高島平 六の橋のグラフィック

photo

2014 11/25
『グローブ』

電動の大工道具を使う時用のグローブ。
バイク整備でたまに使うグローブ。
運転する時に使う春秋用のグローブ、冬用のグローブ、雨の時用の防水グローブ。
普段着着用の革グローブ。
革グローブのインナー用のウールやフリースのグローブ。
...油や塗料なんか扱う時のグローブ、軍手的なのも含めればどんだけ持っているんだろうか。
でも、油汚れや車両運転以外は大体素手でだけど、手先の感触を失うから。

ランニンググローブは3つ。
春秋は薄手の軍手、自転車の時もこれ。
なくしても破れてもいいし、これで十分。
薄手のCW-Xのグローブも良いです、親指人差し指中指にスリットが入っていて、したまんま指先だけ出せるのでシューレース結んだり、小銭だしたり、無精なウイメンズやメンズだと大切なのを出す時とか便利かなと。
で、これからぐっと寒くなるから、ちょっと厚手のグローブを。
走っていると、指先がとても冷えるので厚手。
真冬なのにたまにノーグローブの人とか見かけるけど毛細血管がすんごいんだろうなと思う。

先日、B級品・余剰品・ニセモノどっさりの、でもよーくほじくるとブランド物が混じってでてくる玉石混淆SHOPをかなり久しぶりに覗いてみたら、ブランド物しかも欲しかったグローブを発見。
ぴったりSサイズ、ラス2で。
定価の1/3というびっくり価格で入手。
ひょっとしたらという妙な、いや、いい感が働いただけになんとも嬉しい。
厚手だけどスマートなフォルムで温かいNIKE サーマルテックグローブ。
手首部分がぴったり厚め長めなので温かい。

グローブ、グローブって書いてたら思いだした。
松本人志の放送室 ジャージ、グローブ via
何回聞いてもおもしろい、傑作。
....買ったばっかりのこのNIKEのグローブも鮮やかな差し色ブルー。

photo

2014 11/20
『健康』

飲んでいる時、昔は女や仕事や飯の話ばっかりだったけど、45歳のこの当時には今は飲んでもほとんど病気の話だったと。
気ぃつけなあかんと言っている。40:00から

周りには健康診断を受けていないリーダーも多い...義務じゃない人も多いし。

8年分だったか、全部ひっぱりだして比べてみた。
その年に何をどう食べて飲んで、どういう生活だったかもわかるし、いいものです。
早くに逝った友も多いし、自分はビビリだし...
飲むの好きだから気をつけているけど...
まぁおおむね良い方だと思う。
しかし、病院はきらい。
歯科医院は好きだけども。。

安心したい、チェックしたいと二人は言っていた。
その通りですね、あたりまだけど。

以前TV番組で長州小力が最悪の診断結果がでて、ほんとうにあぶないと。
で、改善してさまざま数値がよくなったけど、一歩おそくて、糖尿病の合併をおこしてしまったという。
改善のタッチの差...
実姉からの手紙で泣いてた、もらい泣きした。via

大切にしなければ。

photo

2014 11/19
『健さん』

さみしいな...

さて、
たくさんの作品から新幹線大爆破を。
健さん、CBに乗っていて格好いい。

この映画に登場するロケ地はとても馴染みのある場所で...

この映画を撮影した年のちょい前に三田線が営業を開始した。
当時、高島平駅は志村駅という名称だったために、たぶん、そんなんで西台駅の横の車両基地は志村という名称で現在に至る。
おもしろいのは、車両基地の上に団地が建っていること。
線路の間にたくさんの柱を建ててその上に“人工地盤”を載せて、団地を建設。
というか、団地の下に線路を敷いて基地にしたのかな。??
支持地盤が人工地盤、13階建てのツインコリダー型団地がよく建っているなと感心します。
40年前、高い建物が建っているということで、高島平団地や西台団地に方々から自害する人がやってきて、なんとかの名所という汚名がついてしまった。
一年に数人...どーんと響きわたる鈍い音、住人たちは本当に困っていたという。

と、そんな西台と車両基地が撮影場所のひとつ。
改札をでたワル...団地へのアプローチである階段とスロープがみえている。
今あるかな、憶えていないけど電話BOXもある。
このスロープでスケートボードやチャリで遊んだなぁ。

ワルが基地方面へと向う時にデカに見つかり追われて、基地に入り込む。
なつかし扇風機のみの暑い暑いステンレスの車両も登場。

逃げるワルは職員が使う階段に侵入し、西台駅のホームへ。
ちょい前まで、味気ないこんなホームだったなと思いだし。
今でも運転士さんが、このルートでやってきて西台駅で乗務員交代をする。
40年前の西台駅とその近辺が映画でみられて少し興奮したもんです。

新河岸川も登場。
奥にガスタンクが見える。
当時の新河岸川はムシもすごく、なかなか汚染した川だった。
いきものがかりだった友は、お母さんにおむすびを作ってもらって、この新河岸川の秘密基地で食べるのが好きだ!と言っていたけな。
牛舎か豚舎だったか、小さい農場、農家もあったと記憶している。

ワルのアジトは、武蔵野台地から姿を現して高架になる志村三丁目ふきんかな?と思う。
台地の地下を走っていた銀座線、谷底にある渋谷駅のために姿を現して高架になるのと同じ地形ですね。
チンチン電車も出てくるけど、東池袋だという。
なつかしい黄色い車体、飛鳥山の回転展望台に遊びに行くのに乗った初めての黄色い車体、よく憶えている。

ここらへんのシーンばかり観てしまうけど、とてもおもしろい映画です。
模型の新幹線もまたおもしろいんです。

撮影場所となった志村三丁目〜西台〜高島平はかつて徳丸ヶ原とよばれていた。
砲術家の高島秋帆が幕命をうけて、このだだっ広い湿地帯で西洋式の砲術演習を行ったことから、大規模開発の際に高島平と改称されました。
車両基地の上にある西台団地や隣の高島平の団地も、少子高齢化が進んで、高齢者ばかりになってしまい、小学校の廃校、子供の声もかつてとは比べ物にならないほど、静かになってしまった。
【過去記事】
高島流
城跡

最近の話題だと、西台駅にラーメン二郎ができたことだろうか。
俳優の瑛太さんも徳丸ヶ原出身だと知りまして、急に親近感が。

ここらへん出身の方は、ぜひご覧ください。懐かしいですよ。

遺作のようになった『あなたへ』、すごくよかったです。

photo

2014 11/17 #2
『クランプ』

見た瞬間これ便利!と思ったテーブルの脚。
元々は物と物をはさむ時に使うクランプという工具をびょーんと長くしたわけだ。
板状になっているものだったら何でもテーブルになっちゃうという。
住居やオフィス、倉庫....アウトドア、どこでもOK。

ただ問題が...
写真の板のように少し厚さがあってたわまない板じゃないと使えない。
脚と脚の距離をどれだけ離すかによって板の厚さも変わるけど...
写真のように、家に使うドアのような構造(中は木を等間隔に縦横に組んだフレーム状になっている。それに仕上げの板を貼っている)になってるものだとたわみにくいから、ちょっと限られますかね。

無骨なクランプの構造を脚に...
気に入った扉や額的なもの用の脚でもあるのかな。
流用できていいインテリア、テーブルになりますね。

photo

2014 11/17 #1
『深まる秋』

この1−2週間くらいでぐっと冷え込んできた。
いよいよ嫌いな冬だ。
石けんからボディソープに変わって、ページやビニル袋をめくる時はまぁめくれない。
この時季は衣服もさまざま...コートにマフラーの人、ダウンの人、Yシャツ一枚の人、半袖のおばちゃん、半袖短パンの少年と暖かい時季と寒い時季の服装が混在しているから、見ているとおもしろい。

寒くてランニングロングタイツをはいたけど、日中はまだショーツのみでも大丈夫。厚着のランナーも薄着のランナーもさまざま。

染井吉野は秋も楽しませてくれる。
橙に紅葉。
GPSをオンして、キャッチまでぶるぶる震え、息はふぅーと白い。
こんな時にぽっくりあぶないなと思って。
脚のスネは白く粉を少しふきはじめた。

向こうから歩いてくる男性の半分は首をすぼめて紫煙を吐き出している。
駅までの一服、とても美味しかったのを憶えている。
家を持たない人々とならんでしゃがんでいる鳩は朝の暖かい太陽にあたっている。
このク◯寒い朝に走ってるわ....と思っているような表情の女性、気のせいか?

朝に走ると気持ちがいい、ただそれだけ。

ウォーキングもよくしている。
移動手段の電車をランニングシューズに。
昼メシは軽く...
土曜日は浅草へと13km歩いた。
晩飯は、もう鍋のようなあんかけ水餃子五目めんでまた汗かいて。
なんとかの一つ覚え。
痛風糖尿に気をつけて。

もう11月も終わる、はやい。

photo

2014 11/11
『メイドイン』

16歳の時に通販で買ったATB(自転車)は懐かしいカンチブレーキに18段ギア、ごっつゴツのタイヤなのでちょっと距離を走ると脚がパンパンになった...
そのチャリはなんと2年も保たなかったという恐ろしいしろもの、メイドインチャイナだった。
停止からウイリーをしたら、前輪が前にコロコロコローと勢いよく外れて飛んでいった。
前輪のシャフトとフォークを留めている超大事な部分、フォークにシャフトのネジと前輪がくっ付いたまま崩壊した....コレ、漕いで走っている状態からだったら、顔面からアスファルトに強打していただろう。 自転車乗りで、事故の経験がある人やまわりに事故ったひとがいればわかるけども、鎖骨骨折&顔面ぐしゃぐしゃに、脳挫傷、死へとつながる大変にあぶないことなんです。
ウイリーしたらポローンと前輪がとれて、両脚をふつうにつけたために、何ともなかったけども....これはたまたまということではない、守られたと思ったんです。
それからというもの、いい自転車に乗るという方へともいかずに、安心のホンダのトライアルバイクに脚が変わっていった。

僕はつけているアクセサリーはほぼ日本製。
朝ランや特に夜ランの時に、背後から女性を追い抜く時に、すごく警戒されるし、それはしょうがないことだけど、めちゃめちゃ驚かれることもたまにある。
そうですよね、ザッザッザッと暗い夜道、背後から男が走ってくるのだから。。
少し後ろから、音が鳴るベルを鳴りやすいようにしていると、僅かでも距離があるので、警戒されることもぐっと減るんです。装飾ということをフルに発揮。
ウェアはインドネシアや中国が多い。

飲んでいるサプリメントはアメリカ、カプセルがデカくてのどに引っ掛かる。
アメリカ人はノドもそんなに大きいのか??

日本製はよく保つものが多い、それは誇り。
ただ、部品の供給が途絶えなければ、規制がかからなければだけど。

photo

2014 11/10
『質素』

3袋入り生麺のラーメン。
そのままだと味気ないので、五目へ。
たまねぎ、にんじん、きゃべつ、もやし、半熟たまご、長ねぎにメンマ、下味つけて片栗粉をまぶした豚小間、そして結構合っておいしい厚揚げを多めに。
ありものだけなのでこんな具材だけど、一気に豪華に。
ニンニクとごま油ちょいで炒めて酒、水、しょうゆ、オイスターソース、顆粒鶏ガラ、塩コショウで適当に味付けて、片栗で餡にして。
できたラーメンにのっけて完成、大盛りで。
多少の手間はかかるけど、かなりおいしい。
スープはたっぷり残して一応ヘルスに。
ラーメンをいじりは楽しい。

1袋レンチン、おかかほうれん草とご飯にみそ汁だけでも結構まんぞくする、メンチ見えてるけど。

おいしいものは身体にわるい、おいしくないものは身体にいいと、そうよく言いますね。
バランスのよい食、そしてなるべく運動をと。
飲食業界のさまざまなリーダーたちの行動をみていると、ものすごく気をつけているのがわかります。

photo

2014 11/6 #2
『あまいけ』

旧川越街道はかつて川越藩主が参勤交代で通った道。
江戸と川越をむすぶ重要な道。
距離が短いために大名の宿泊は稀で宿駅では休憩と人馬継ぎ立てのみが行われ、東武練馬駅ふきんが下練馬宿だったと。
現在の川越街道と旧川越街道は一部重複しているけども、大山で旧川越街道はハッピーロード大山商店街とその先の遊座大山商店街がそうで、山手通りをこえて、板橋消防署&板橋警察署ふきんの交差点で中山道につながる、その交差点が追分。
現在の川越街道は池袋の六又交差点が起点とのことで、すんごく離れてしまったわけだ。

中学生の頃、東武練馬駅は池袋へスケートしにいくのによく使った。
その当時は駅舎手前に狭小100円バーガーSHOPがあって、まぁよくエッグバーガーを食べて帰路についた。たしか150円だった気が....
そういえば、その当時よく買いに行ってた洋服屋の若い男子店員さんに、行くたびに“耳たぶ”をものすごくいじくり捲られていたっけな、可愛いねチミさぁみたいに。

そんな練馬区北町、旧川越街道沿いにあるお肉屋“あまいけ”さん。
北町メンチがオススメとの貼り紙を見つけて。
さすがの味、ふっくらしててすごく美味しかったけど、カロリーが気になるかな、写真ではよく伝わらないけど、かなり大きくてなんと¥100....安すぎ。
復路、さくさく揚げたてメンチカツを2つ持ってランニングできないので、レモンサワー買ってテクテク歩いて駅へ、鈍行電車に乗車。
20kmの予定が13kmに、それもよし。

かなり久しぶりに通った旧川越街道、あちこちにいいお店があって。
東武練馬駅ちかくにある激安中華屋さん、“中華たけいし”にも今度行ってみよう。
富士塚に庚申塔、ずっと昔の歴史を伝える見応えがある街道です。

photo

2014 11/6 #1
『クルーザー』

28年前くらい前80's後期のコンプリート2台と15年くらい前のコンプリート、そして25年くらい前のほぼ使ってなかった板ZORLACのTODD PRINCE(赤いヤツ)をピックアップ。
スパナ、メガネレンチ、モンキースパナ中と特大、ソケットレンチ(ミリとインチ)、ドライバー....工具や大工道具は男の必須アイテム、宝物。
これ絶対にもういらないだろうと他者は思うであろう様々な種類のボルトにナットは、いろいろいじる人にとってはいつか絶対に必要になるので大切にタッパーにしまっている。なので、家の何かでちょいと不具合でたり壊れたりしたものでも直せることが多いのだ。
バイク整備の工具を引っぱりだしメンテナンス....クルーザーとして組んでみた。
テールもばっちり残っていて、重いけどオーリー(ジャンプ)もまぁまぁとべる。
クルーザーとしてはなかなかいいんじゃないかな。
しかしどれもいいグラフィックですねー

ボード背負って4kmの復路、ハイボール飲みながら。
晩はジャークチキンを作ってみた。
辛めの味しっかりめで激うまかった。
チリペッパー、クミン、パプリカパウダー、こしょう、塩、多めのニンニクと油でしばらく漬けこんで。
白飯とみそ汁でもおいしいし、パンにはさんでもいい。
これはハマった。

【過去記事】
オールドスクール
オールドスクール #2
生まれる
あぶないランプ
クルーザー
メイク
思いでの撤去
オールドスクール #3
あぶないランプその2
中年スケーター
JT
スケートボード道
スケート祓い
28年前のクルーザー
レールバー
やっと乗れてきた、サポートタイツ効果
IXLオイルとガッツレーを流用
クルーズにもいいデッキ
中年スケーターのブルース
もう一度
#14
HILAQUE
VANS 50 YEARS Kickflip
MoMA
OJ2 HOSOI ROCKETS 95A
AND SKATEBOARDING
Zorlac Todd Prince 高い??
梅雨の晴間の真夏日 5週間ぶりに
UNIqueでスケートボードのレクチャーを
スケートをする意味
我ら徳丸ヶ原のスケートチーム
また出会って、共に生きましょう
自分のためにスケートを
オヤジスケーター
この1年半のスケートボードの練習まとめ
SEIBU SPORTS SKATEBOARDING TEAM
家でスケートを MADE IN VENICE
やすらかに
スケートボードのホームグラウンド
GET RAD
マドンナエア
YouTube 作ってから1年半
久しぶりのお墓参り

photo

2014 11/5
『ブラウンの地雷』

もうなんだかすっかり朝はぐっと寒くなり、グローブなしじゃ手先がキンキンに冷えしかたがない。

いつも走っている7−10kmのコースには野良のブラウン地雷があちこちに落ちている。
慈悲深い高齢者が彼らにエサをくれてやっているわけだ。
どうでもいいけども、この5年半、一度たりとも地雷を踏んづけていなかったのだけども....目が悪いから周りをよくみてて。

ある朝、玄関でしゃがんだ時にいやな香りが....ヒールにしっかりと。
気分も最悪だけど、踏んづけたのは中学、いや小学生以来だろうか。。
35年前の公園の砂場は動物たちのトイレと化していて、砂遊びをすると高確率で“ソレ”を触ってしまっていた。
その当時はお腹に“虫”を育てている子らがたくさんいたっけな。
虫下しのチョコをバクバク食べていたっけな。

・・・・しっかりと縁石と枝でぬぐって、洗い場で洗って....家でも洗って、ハッカ油を吹きかけて紫外線に。

18年くらい前に、飲食店の経営者と打合せを。
帰りの夜道ででっかいのを踏んづけてしまって、「あ”ぁ〜」と絶叫。
社長の相方さんが、「運がつきますからいいじゃないですか」と誘い笑い。
「だよなー」と、縁石と小枝で処置をしているのをみて....
それ以来の縁石と枝使い。

かわいい子、木陰でしてくれよ。
どうでもいい話。