Content
line
2020年1月2月|3月 12|4月 123
|5月 123|6月 123 |7月 123
|8月 1234|9月 123
|10月 12311月12月

line
2019年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2018年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
line
2017年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2013年1月-2月3月-4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2012年1月-2月3月-5月6月-7月
8月-9月10月11月12月

line
2011年1月-2月3月-4月5月-6月
7月-8月9月-10月11月-12月

line
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

line
2009年1月-3月3月-5月6月-7月
8月-9月9月-10月10月-11月12月

line
2008年1月-3月4月-5月6月-9月
9月-10月11月-12月

line
2004年3月〜
  • ABOUT
  • INFORMATION
  • COLUMN
  • WORK
  • CONTACT
  • logo4
photo

2016 5/31 『りんとけーびー』

ファーストアルバム One Day Conversation
最近よく聞いている。
なんとも心地がいい。

Nothing's Gonna Change My Love For You
Black Bird (MV Youtube)
なかでも↑ブラックバードが一番すき。

iTunes....松本人志の放送室から、りんとけーびーが終わるとビースティーボーイズ、Enigma、クラシックへと続く。
この振り幅もなかなかで。
ただ、放送室は中年のおじさんたちがイライラ腹が立つやろと連呼しているので、たぶん更年期障害初期のように思われる。
400回くらいの放送で、もうず〜っと怒っているから。

photo

2016 5/27 『お土産』

上野で肉と言ったらアメ横“肉の大山”.....店舗入口は立ち飲みができるスペースがあって、ショウケースには数々の惣菜が並んでいる。
ビール一杯二杯と惣菜をつまんで軽呑みしている人が多い。
上野に行ったら、よほどの混雑でない限りだいたい立ち寄る大山、ディレクターが入ったのだろうか、パッケージ各種が変わっていた。
創業80年 老舗の味....1本60円のウインナーフライとの振り幅がいいですね。
ほんとどうでもいい話だけど、ちょい前に寄ったら、ウインナーフライやコロッケやメンチやそのほかたくさんの惣菜がショウケースにぎっしり入っていて、よしっ売り切れも多いウインナーフライもどっさりもある....と、家族3人連れのうしろにならんでウエイティング。
その家族のお母さんが店員さんに「ウインナーフライ何本あります?」.....
「あっ、じゃぁ12本全部」「他には?」「他はいいです」との会話に思わず割って入って店員さんに「次はいつ揚がりますか?」
「えっと、しばらくは作らないんですぅ」
「あぁぁそうですかぁ...(残念雰囲気)」
お母さんは、知りませんよ顔でお会計.....あのさぁうしろにもまだまだ並んでいるんだから少しは残しておいてよ、だけって、他にもいろんな惣菜あるじゃないの、と心の声。
全然いいんだけども....ま、それだけ本当においしい自家製ウインナーなんですよね、ここの。
つまみでもおいしいけど、鍋焼きうどんにインすると絶妙です。
ちぃこい話でした。

さて、シカゴの商社マンの星からスターバックスのカップが届いた。
You Are Here Collection、電車のグラフィックがかわいい。
いいですね、このご当地コレクション。
そういえば、スターバックスで買ったことがない。
ちゃんと注文できるのだろうか、、難解そうだけど。
マクドナルドでも右往左往の会話をしている年配者もいますよね。。

photo

2016 5/26 『距離』

走りはじめてからしばらくしてjognoteというSNS記録サイトにデータをアップしてもうすぐ7年が経つ。
ま、備忘録的なものだ。
ランニングは約9810km
ウォーキングは約1906km
自転車は約4277km
ランニングウォッチ、携帯のNIKE+runningアプリ、自転車のサイコンで測った数字(距離)とタイムを記入してポチッと保存するだけで、計算してくれる。
ランナーの中にはこういう記録は全くとってない人もいるだろうか。
でもほぼほぼ記録はとっているとは思うが...

ランニングは約9810kmなので、日本列島を横断、約2往復したということになる。ぞっとするような距離だが、塵も積もればで。
ウォーキングもよく付き合っているので、思いのほか歩いていると分った。

メッセンジャーの友は今でも一日100kmほど都内を駆け回っているというので、100km×約22日×12ヶ月....実に26400km/年となる。
タイヤやチェーン、ブレーキパッドとかの消耗品とかいうよりも車体自体が消耗品。
フレームにクラック発生による落車事故で重症や命を落とす人もいますから...メッセンジャーの友もクラックによる事故で大怪我を負ったこともある。
高校生の頃自分は、ブリジストンのロードバイク レイダックとMTBに乗っていて、MTBでウイリーをしたら、前輪が前に転がっていった...よく見るとフロントフォークのボトムの溶接部分にクラックが入っていて折れていた。
たまたまウイリーでスッと立ち止まることができたからいいものの、巡航中だったら顔面から落車で重症、もしくは命にかかわることになっていたかもしれないと、そうとうゾッとしたのを憶えている...突然タイヤがなくなるのだから。たまたまのウイリー、“危なかった”助けられた、と思ったできごとのひとつだ。
なので定期的にフレームのチェックを。
反れたが、バイクをまあまぁよく乗る人だと1万キロ/年くらいなような気がするので、すごい距離を自転車で移動しているのだとわかる。
その友は現役で43歳なので、さらにすごいのではないかと。
若い子みたいに速くこぐのではなく、道のりやその他様々なテクを駆使して生業をしていると言っていた。

いつしかバイクも駐車禁止でバンバン切符をきられるようになり、駐車場がなくても安心な自転車での移動が増えたのは2010年頃から。
この頃から身体も疲れにくくなってきたので、こぐのも楽しくなってきたのを憶えている。
移動手段の一つである自転車は月によってバラバラだけども、約 4277km、お尻や大事な部分もぜんぜん平気。
事故がこわいけど、何よりも移動と運動を兼ねることができるのが自転車の良いところ。自転車通勤なんてある意味一石三鳥ですね。

しかし蒸暑くなってきました....5kmでバテバテ。
最近なんだか風が強い日が多くないですかね。。

photo

2016 5/23 『文京区千駄木 大聖寺藩下屋敷跡 大名庭園の旧態を保つ須藤公園』

抜粋...

江戸時代、この地は江戸の郊外にあたり、加賀藩の支藩である大聖寺藩の下屋敷でした。
敷地の前には遠く江戸湾を隔てて房総半島の山々が望まれるなどの景勝地でした。
庭園の規模は大きくありませんが、起伏に富んだ地形を巧みに活かした回遊式の大名庭園が造られ、今日でも当時の大名の気風を偲ぶことが出来ます。
明治維新後、長州出身の政治家 品川弥二郎の邸宅となり、その後、実業家の須藤吉右衛門の手に渡り、大名庭園の旧態を損なわないように保存されました。

 

須藤公園は地図の赤丸のところ、不忍通りから一本入った場所にある。
地元の人以外はあまり訪れないような場所。
公園内には弁財天も祀ら、人工の滝が流れ落ちて池を作っている。
写真もでわかると思うが、かなりの高低差がある。
これは古石神井川の流れが削ったものだ。
縄文時代の石神井川は今の流れとは違い不忍池に注いでいていた。
青線が古石神井川で流れが変わった後に残った谷田川(藍染川)でもある。
谷中銀座を抜けてぶつかった道がよみせ通りで、谷田川(藍染川)跡だ。
説明板にも書いてあるが、なかなかの景勝地だったのだろうと思う。

今は公園として整備保存されている元大名庭園、権力者は台地と崖が好きだとわかる歴史のあるいい公園です。

【過去記事】
■谷端川(源泉から池袋本町)
■谷端川 2(池袋本町から小石川)
■谷端川と池袋の名の由来 古道 高田道
■神田川に注ぐ谷端川 市兵衛河岸
■谷端川のお多福弁天
■谷端川 田楽橋の橋桁
■谷端川 大塚にある瀧不動
■谷端川下水道幹線 SPR工法
■谷端川跡 昔の粟島神社と祥雲寺坂下の洗い場
■本郷 菊坂 樋口一葉旧居跡と井戸
■池袋富士塚と池袋貝塚
■池袋東貝塚遺跡
■石神井川 河川争奪 音無渓谷
■かつての石神井川
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■石神井川 旧河道 音無もみじ緑地 王子七滝 松橋弁財天洞窟跡
■石神井川 金剛寺にある板松橋弁財天洞窟への道標と音無もみじ緑地 王子七滝 松橋弁財天洞窟跡
■北区滝野川一丁目 千川上水 王子分水(鎌倉街道・千住道と一部重複)との三叉路にある庚申塔 王子七滝 松橋弁財天(岩屋弁天)への道標 ※2020年8月27日加筆
■北区滝野川 金剛寺 冨士講先逹の安藤冨五郎顕彰碑
■石神井川 旧河道の露頭 音無さくら緑地
■石神井川 音無さくら緑地 攻撃斜面からの湧水(2020年6年22日映像追加)
■石神井川 板橋いこいの森
■石神井川 赤羽線(埼京線)際 板橋四丁目の湧水
■石神井川 音無こぶし緑地の湧水
■石神井川 正受院 王子七滝 不動の滝跡(瀧不動の碑)
■石神井川 正受院裏 王子七滝 不動の滝跡(王子不動之瀧跡) 対岸は湯タキ・水タキ(湯滝・木滝)
■北区滝野川 正受院本堂前所在 石造近藤守重坐像と目黒富士(元富士・新富士)のひとつである目黒元富士
■石神井川 不動の滝跡(瀧不動の碑)付近の調査(2014年11月28日 9時頃)
■王子七滝 名主の滝
■王子七滝 名主の滝公園の湧水 (2020年8月8日)
■王子七滝 王子 権現の滝
■音無川(石神井川) 音無渓谷 庶民が王子大滝と呼んだ王子大堰
■王子十五滝 現存するのは名主の滝のみ
■王子七滝 消滅した王子 稲荷の滝後の“稲荷の崖線湧水”と王子稲荷裏古墳の狐穴(横穴墓)<十条台遺跡群>
■王子七滝 王子稲荷神社 狐石像が置かれた滝
■王子七滝 見晴の滝跡の湧水と芝坂
■王子十五滝 醸造試験所の滝
■王子十五滝 料亭扇屋 末広の滝
■王子十五滝に加えて 今も残る飛鳥山の小滝
■王子稲荷の坂 旧中山道と王子稲荷道の分岐にあった“王子大明神 常夜灯”(2020年8月29日写真追加)
■王子神社東側の崖線と上郷用水(石神井用水)に架かる三本杉橋の親柱
■東京第一陸軍造兵廠の軍用鉄道 ちんちん山(南橋)のトンネルの湧水
■板橋宿 上宿跡はスラム街になった岩の坂(いやな坂) 板橋貰い子殺し事件
■昭和の石神井川
■板橋宿(上宿・仲宿)の各施設跡(大木戸<江戸御府内 朱引>・上宿 脇本陣板橋市左エ門家・高札場・自身番・問屋場)と新旧の板橋
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■上板橋宿にあるかつての“板橋”の親柱と距離の札
■加賀藩下屋敷にあった山々 現存する大山(築山)
■霜降銀座 古石神井川と谷田川 谷田川に架かっていた石橋
■石神井川 沼
■石神井川の大橋たもと 不動明王座像と敷石供養塔 安全の祈願〜臨済宗大徳寺派 廣徳寺
■石神井川の付け替え
■石神井川 東宮降誕植桜之碑
■石神井川とエンガ堀の合流地点にかつてあった積田牧場大谷口搾乳所
■旧石神井川(古石神井川)の跡 飛鳥山・滝野川付近
■石神井川(音無川)ほとりの王子 料亭 扇屋)
■古写真はわたしたちに何を伝えるのか?(幕末維新期の王子・飛鳥山・滝野川)
■王子の料理屋・扇屋 石灯籠と屋敷神
■飛鳥山公園 飛鳥明神 飛鳥山の隠れ狛犬
■王子 飛鳥山 さくら新道 共同洗い場
■古石神井川の流路 逆川
■石神井川 中板橋のプールと水神宮、練馬城 住宅地にある堀
■石神井川上流 下野谷遺跡
■古石神井川の支流 谷戸川(谷田川・愛染川)源流の長池跡
■愛染川と枇杷橋(合染橋)跡
■谷田川に架かっていた橋の親柱(芥川龍之介墓所 慈眼寺)
■文京区弥生町 弥生式土器の発見地
■不忍池(古石神井川、谷田川・愛染川)
■台東区池ノ端 境稲荷神社と弁慶鏡ヶ井戸 暗闇坂
■縄文人の一生 -西ヶ原貝塚に生きた人々- 武蔵国豊島郡の郡衙跡と鎌倉街道
■稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)と日曜寺と智清寺に架かる橋
■姥ヶ橋延命地蔵尊と根村用水(稲付川や中用水、北耕地川とも言われる)
■旧中山道“岩の坂”の縁切榎ほとりを流れる稲付川(中用水)と“なみだ橋”
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■北区十条仲原 稲付川に架かっていた游鯉園橋
■稲付川(根村用水・中用水・北耕地川) 水車の坂
■稲付川(根村用水・中用水・北耕地川)が流れる深い谷底
■王子 上郷用水(石神井用水) 三本杉橋の親柱
■十条板橋道と王子稲荷道の追分に置かれた(仮称)稲付の関所跡と稲付川に架かる赤羽根火薬庫道の橋跡
■徳川慶喜が撮影に来た板橋区の日曜寺 扁額と根村用水
■板橋区大和町 日曜寺に架かる根村用水の橋(親柱・欄干)と平尾町内中の石柱(平尾宿)
■板橋区清水町 名もなき野川 旧中山道に架かっていた岩道橋(龕灯橋・ガンドウ橋)
■北区 中里遺跡出土丸木舟
■北区岸町 上郷用水(石神井用水)に架かる岩槻街道の三本杉橋下から出土した縄文時代の丸木舟と中里遺跡出土丸木舟
■板橋区 根ノ上遺跡
■板橋区 稲荷台遺跡
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区岸町2丁目の湧水
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区中十条3丁目 荒澤不動(荒沢不動)の湧水と馬坂
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区中十条3〜4丁目の湧水と清水坂
■赤羽自然観察公園の湧水(陸上自衛隊十条駐屯地跡)
■北区赤羽西 かなくさ坂と湧水 隣接する赤羽自然公園の湧水(陸上自衛隊十条駐屯地跡)
■旧松澤家住宅 附 倉屋 #1
■旧松澤家住宅 附 倉屋 #2 徳丸ヶ原(西台、高島平)の思い出
■文京区千駄木 大聖寺藩下屋敷跡 大名庭園の旧態を保つ須藤公園
■田柄川の水源と茂呂遺跡
■田柄川 石神井川との合流地点
■石神井川 公開された茂呂遺跡(旧石器時代が日本に普遍的に広まっていたことを証明した遺跡・黒曜石製 茂呂型ナイフ形石器の発見)
■板橋区 栗原遺跡の竪穴住居跡と長嶋茂雄
■池袋の川 弦巻川
■豊島区の100年 弦巻川 丸池跡
■豊島区の湧き水と池
■池袋の川 水窪川 暗渠をぬけて
■今宮神社駐車場の湧水 (水窪川 小日向台の崖線)
■複合遺跡 東池袋遺跡 旗本中西家の屋敷地と御鷹方御役屋敷
■ボクらのホームグラウンドの前谷津川
■ボクらのホームグラウンドの前谷津川の支流
■前谷津川支流 不動通り 中尾不動尊の谷
■板橋区 赤塚不動の滝と大根
■板橋区泉町 出井の泉跡(出井川)
■板橋区前野町 出井川の水源のうちのひとつ 見次公園(自然湧水池)
■板橋区小豆沢 御手洗池(御手洗不動旧跡)
■旧中山道 板橋区志村 清水坂と平次坂 志村清水坂緑地(清水坂公園)の湧水
■旧中山道清水坂そば 板橋区志村二丁目の湧水
■志村城山公園の湧水と志村城跡
■板橋区 小豆沢公園の湧水
■板橋区 小豆沢公園 湧水を使った池 #1
■板橋区 小豆沢公園 湧水を使った池 #2
■薬師の泉庭園 板橋区指定記念物
■板橋区 前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡 常楽院収蔵の土器(前野町式土器<弥生土器>)
■板橋区若木 中台馬場先貝塚
■江古田川 不動橋と垢離取不動尊
■江古田古戦場(江古田・沼袋原の戦い 江古田原合戦)
■板橋区大山西町の用水路
■板橋区大山西町の名も無き川 用水路(千川上水からの分水 中丸川支流)
■千川上水跡(豊島区立千川親水公園) 桜並木と五基の庚申塔
■分水嶺、千川上水調節池跡
■千川上水 喜内古屋水車跡
■千川上水 水神様
■豊島区 千川上水公園と千川上水分配堰碑
■北区滝野川6丁目 旧中山道と千川上水の間に祀られた馬頭観世音 板橋宿で捕らえられた千川の怪物(オオサンショウウオ)
■千川上水の田留め水車と中丸川への分水口に祀られた庚申塔
■千川上水から東京第二陸軍造兵廠板橋製造所へ取水した分水口と水路跡
■古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
■巣鴨遺跡 町屋跡
■巣鴨庚申塚 巣鴨遺跡
■巣鴨遺跡 柳沢弾正少弼の屋敷
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■文京区春日(小日向) 徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
■玉川上水
■新選組 沖田総司 逝去の地と玉川上水余水吐
■玉川上水 旭橋の石柱と下水用石樋
■渋谷川 氾濫危険水位
■渋谷川の再生と白根記念 渋谷郷土博物館
■河骨川(春の小川)
■自然の猛威 渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流付近の谷
■渋谷区神南2丁目1番先 水無橋
■穩田川(渋谷川)の支流
■渋谷川 庚申橋供養碑
■渋谷区恵比寿西二丁目11番7号 庚申塔
■鎌倉街道 中道 並木橋
■猿楽古代住居跡(代官山)
■渋谷区代官山 猿楽塚(猿楽塚古墳 猿楽神社)と鎌倉街道 中道
■目黒元富士跡 上目黒1―8
■内藤新宿 天龍寺の時の鐘
■池袋富士塚と池袋貝塚
■十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
■十条台古墳群 十条冨士塚(冨士神社)の再整備(現状変更)と補助83号線
■豊島長崎の富士塚
■下谷坂の富士塚 柳森稲荷神社の富士講関係石碑群
■駒込富士神社と古墳群
■赤羽台古墳群 赤羽台第3号古墳石室
■北区赤羽北 稲荷の坂と赤羽台古墳群(赤羽台4丁目)
■北区王子 飛鳥山1号墳
■秋葉原 神田柳森神社 力石
■赤羽西二丁目地区急傾斜地崩壊危険区域と稲付城跡にある静勝寺から宝幢院の道標
■急傾斜地 板橋区小豆沢・北区赤羽西・新宿区赤城元町
■新宿区 赤城元町の崖
■神楽坂ラン 赤城坂
■四谷荒木町 策の池、紅皿の墓
■新宿歴史博物館
■新宿区弁天町 宝竜寺坂(幽霊坂)と住吉町 念仏坂
■豊島区 のぞき坂
■豊島区南池袋(雑司が谷) 法明寺 豊島氏の墓
■豊島区 法明寺 威光稲荷堂
■墨田区 都立横網町公園
■本郷給水所公苑
■東京都水道歴史館
■椿山荘 古香井
■東京の坂道 文京区白山 網干坂
■北区西ヶ原 熊野坂
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■板橋区 清水坂 中山道で唯一富士山を右手に一望できる名所 合の宿
■板橋志村、この地に生きて 大野邦雄 遺稿集
■北区西ヶ原〜滝野川 道音坂(浅草道、中世は鎌倉街道)
■北区赤羽西 真正寺坂
■北区滝野川 狐塚の坂と岩屋弁天・正受院(滝不動)への道標(2020年9月18日写真追加)
■北区滝野川 重吉稲荷神社と平尾一里塚の東側の小道にあった廻国塔
■文京区小日向二丁目19と21の間 鷺坂
■文京区小日向 茗荷坂
■北区西ヶ原 大炊介坂(おおいのすけざか)
■消える富士見坂と豆まき
■消えた日暮里富士見坂
■いたばし大交通展 人工地盤 西台アパート(西台団地) 富士山を望む
■高倉健 新幹線大爆破 志村検査場・交通局志村基地
■戸田橋の親柱と武蔵野台地の崖線
■板橋区蓮根 ダイエー西台店の間を流れる用水路跡
■板橋区高島平 徳丸ヶ原 蓮根馬頭観音縁起
■板橋区・北区 御代の台
■北区中十条(東十条) 地蔵坂
■北区中十条(東十条) 地蔵坂の子育地蔵尊と庚申塔
■北区岸町 三平坂

photo

2016 5/20 『HILAQUE』

最近、地下足袋シューズでスケートをしていて、これがすこぶる調子が良くてとてもトリックがしやすい。
レースアップになっている以外、作りも地下足袋にかなり近くて、インソールを入れている。ぴったり包み込むような感じで軽いしデッキの感触がよくわかるし、オールドスクール、クラシックなスケーターにとってはデザインもすごく好みで。
これはデッドストックで先輩から戴いたものでブランド名はHILAQUEという。現在、目黒でC.A.P.という革細工屋を営んでいる拓さんが、かつてアパレルのデザインをされていた時のオリジナル製品です。どうでしょう....20〜30年位前??
生地も足袋のものかそれに近いので、グリップテープには弱いからゴム板を切り出して貼って補強して使っている。しばらくは使えるだろう。

潰れたらこんどは、NBのオールブラックのモデルが良いかな。

【過去記事】
■構成要素
■オールドスクール
■オールドスクール #2
■生まれる
■あぶないランプ
■クルーザー
■メイク
■思いでの撤去
■オールドスクール #3
■あぶないランプその2
■中年スケーター
■JT
■スケートボード道
■スケート祓い
■28年前のクルーザー
■レールバー
■やっと乗れてきた、サポートタイツ効果
■IXLオイルとガッツレーを流用
■クルーズにもいいデッキ
■中年スケーターのブルース
■もう一度
■#14
■HILAQUE
■VANS 50 YEARS Kickflip
■MoMA
■OJ2 HOSOI ROCKETS 95A
■AND SKATEBOARDING
■Zorlac Todd Prince 高い??
■梅雨の晴間の真夏日 5週間ぶりに
■UNIqueでスケートボードのレクチャーを
■スケートをする意味
■我ら徳丸ヶ原のスケートチーム
■また出会って、共に生きましょう
■自分のためにスケートを
■オヤジスケーター
■この1年半のスケートボードの練習まとめ
■SEIBU SPORTS SKATEBOARDING TEAM
■家でスケートを MADE IN VENICE
■やすらかに
■スケートボードのホームグラウンド
■GET RAD
■マドンナエア
■YouTube 作ってから1年半
■久しぶりのお墓参り
■第三回目
■TOKYO SKATEBOARD PICNIC CLUB

photo

2016 5/19 『赤羽自然観察公園の湧水』

少し前に、そういえば自衛隊駐屯地跡にできた自然公園があったけなと思いだし寄ってみた。
広い野原の公園、だれもいない禁酒禁煙バーベキュー場を横目に武蔵野台地の崖をくだるとそこにはすごい景色が広がっていた。
郊外では珍しくない景色だけど、都内では貴重な光景。

1枚目の赤い矢印あたりからこんこんと水が湧きだしていて、水量も豊富でめちゃくちゃ綺麗な水質....おどろいた。

2枚目、湧きだした水が流れて川をつくっていた。都内ではあまり見られないような景色ではないだろうか。
(近場だと新宿御苑や明治神宮などもなかなかの湧水がある景色ですね)
こうやって湧きだした水が川となって流れて、台地を削るんだとよくわかります。
流れた先は水鳥の池となっていて、カワセミも来園していた。バードウォッチャーもたくさんでした。

川の地図辞典には載っていなかったが、昔は今と同じようにショートの川が流れていたのだろうか?
東京の名湧水にも選ばれているとのこと。
公園の整備で一時は湧水地点は消滅したらしいが、また復活したそうだ。
駐屯地から公園へと手が加えられているが、昔々の原風景が見られるので、インフラ好きにはオススメです。

【過去記事】
北区赤羽西 かなくさ坂と湧水 隣接する赤羽自然公園の湧水

【過去記事】
■谷端川(源泉から池袋本町)
■谷端川 2(池袋本町から小石川)
■谷端川と池袋の名の由来 古道 高田道
■神田川に注ぐ谷端川 市兵衛河岸
■谷端川のお多福弁天
■谷端川 田楽橋の橋桁
■谷端川 大塚にある瀧不動
■谷端川下水道幹線 SPR工法
■谷端川跡 昔の粟島神社と祥雲寺坂下の洗い場
■本郷 菊坂 樋口一葉旧居跡と井戸
■池袋富士塚と池袋貝塚
■池袋東貝塚遺跡
■石神井川 河川争奪 音無渓谷
■かつての石神井川
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■石神井川 旧河道 音無もみじ緑地 王子七滝 松橋弁財天洞窟跡
■石神井川 金剛寺にある板松橋弁財天洞窟への道標と音無もみじ緑地 王子七滝 松橋弁財天洞窟跡
■北区滝野川一丁目 千川上水 王子分水(鎌倉街道・千住道と一部重複)との三叉路にある庚申塔 王子七滝 松橋弁財天(岩屋弁天)への道標 ※2020年8月27日加筆
■北区滝野川 金剛寺 冨士講先逹の安藤冨五郎顕彰碑
■石神井川 旧河道の露頭 音無さくら緑地
■石神井川 音無さくら緑地 攻撃斜面からの湧水(2020年6年22日映像追加)
■石神井川 板橋いこいの森
■石神井川 赤羽線(埼京線)際 板橋四丁目の湧水
■石神井川 音無こぶし緑地の湧水
■石神井川 正受院 王子七滝 不動の滝跡(瀧不動の碑)
■石神井川 正受院裏 王子七滝 不動の滝跡(王子不動之瀧跡) 対岸は湯タキ・水タキ(湯滝・木滝)
■北区滝野川 正受院本堂前所在 石造近藤守重坐像と目黒富士(元富士・新富士)のひとつである目黒元富士
■石神井川 不動の滝跡(瀧不動の碑)付近の調査(2014年11月28日 9時頃)
■王子七滝 名主の滝
■王子七滝 名主の滝公園の湧水 (2020年8月8日)
■王子七滝 王子 権現の滝
■音無川(石神井川) 音無渓谷 庶民が王子大滝と呼んだ王子大堰
■王子十五滝 現存するのは名主の滝のみ
■王子七滝 消滅した王子 稲荷の滝後の“稲荷の崖線湧水”と王子稲荷裏古墳の狐穴(横穴墓)<十条台遺跡群>
■王子七滝 王子稲荷神社 狐石像が置かれた滝
■王子七滝 見晴の滝跡の湧水と芝坂
■王子十五滝 醸造試験所の滝
■王子十五滝 料亭扇屋 末広の滝
■王子十五滝に加えて 今も残る飛鳥山の小滝
■王子稲荷の坂 旧中山道と王子稲荷道の分岐にあった“王子大明神 常夜灯”(2020年8月29日写真追加)
■王子神社東側の崖線と上郷用水(石神井用水)に架かる三本杉橋の親柱
■東京第一陸軍造兵廠の軍用鉄道 ちんちん山(南橋)のトンネルの湧水
■板橋宿 上宿跡はスラム街になった岩の坂(いやな坂) 板橋貰い子殺し事件
■昭和の石神井川
■板橋宿(上宿・仲宿)の各施設跡(大木戸<江戸御府内 朱引>・上宿 脇本陣板橋市左エ門家・高札場・自身番・問屋場)と新旧の板橋
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■上板橋宿にあるかつての“板橋”の親柱と距離の札
■加賀藩下屋敷にあった山々 現存する大山(築山)
■霜降銀座 古石神井川と谷田川 谷田川に架かっていた石橋
■石神井川 沼
■石神井川の大橋たもと 不動明王座像と敷石供養塔 安全の祈願〜臨済宗大徳寺派 廣徳寺
■石神井川の付け替え
■石神井川 東宮降誕植桜之碑
■石神井川とエンガ堀の合流地点にかつてあった積田牧場大谷口搾乳所
■旧石神井川(古石神井川)の跡 飛鳥山・滝野川付近
■石神井川(音無川)ほとりの王子 料亭 扇屋)
■古写真はわたしたちに何を伝えるのか?(幕末維新期の王子・飛鳥山・滝野川)
■王子の料理屋・扇屋 石灯籠と屋敷神
■飛鳥山公園 飛鳥明神 飛鳥山の隠れ狛犬
■王子 飛鳥山 さくら新道 共同洗い場
■古石神井川の流路 逆川
■石神井川 中板橋のプールと水神宮、練馬城 住宅地にある堀
■石神井川上流 下野谷遺跡
■古石神井川の支流 谷戸川(谷田川・愛染川)源流の長池跡
■愛染川と枇杷橋(合染橋)跡
■谷田川に架かっていた橋の親柱(芥川龍之介墓所 慈眼寺)
■文京区弥生町 弥生式土器の発見地
■不忍池(古石神井川、谷田川・愛染川)
■台東区池ノ端 境稲荷神社と弁慶鏡ヶ井戸 暗闇坂
■縄文人の一生 -西ヶ原貝塚に生きた人々- 武蔵国豊島郡の郡衙跡と鎌倉街道
■稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)と日曜寺と智清寺に架かる橋
■姥ヶ橋延命地蔵尊と根村用水(稲付川や中用水、北耕地川とも言われる)
■旧中山道“岩の坂”の縁切榎ほとりを流れる稲付川(中用水)と“なみだ橋”
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■北区十条仲原 稲付川に架かっていた游鯉園橋
■稲付川(根村用水・中用水・北耕地川) 水車の坂
■稲付川(根村用水・中用水・北耕地川)が流れる深い谷底
■王子 上郷用水(石神井用水) 三本杉橋の親柱
■十条板橋道と王子稲荷道の追分に置かれた(仮称)稲付の関所跡と稲付川に架かる赤羽根火薬庫道の橋跡
■徳川慶喜が撮影に来た板橋区の日曜寺 扁額と根村用水
■板橋区大和町 日曜寺に架かる根村用水の橋(親柱・欄干)と平尾町内中の石柱(平尾宿)
■板橋区清水町 名もなき野川 旧中山道に架かっていた岩道橋(龕灯橋・ガンドウ橋)
■北区 中里遺跡出土丸木舟
■北区岸町 上郷用水(石神井用水)に架かる岩槻街道の三本杉橋下から出土した縄文時代の丸木舟と中里遺跡出土丸木舟
■板橋区 根ノ上遺跡
■板橋区 稲荷台遺跡
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区岸町2丁目の湧水
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区中十条3丁目 荒澤不動(荒沢不動)の湧水と馬坂
■武蔵野台地東部(十条台地) 北区中十条3〜4丁目の湧水と清水坂
■赤羽自然観察公園の湧水(陸上自衛隊十条駐屯地跡)
■北区赤羽西 かなくさ坂と湧水 隣接する赤羽自然公園の湧水(陸上自衛隊十条駐屯地跡)
■旧松澤家住宅 附 倉屋 #1
■旧松澤家住宅 附 倉屋 #2 徳丸ヶ原(西台、高島平)の思い出
■文京区千駄木 大聖寺藩下屋敷跡 大名庭園の旧態を保つ須藤公園
■田柄川の水源と茂呂遺跡
■田柄川 石神井川との合流地点
■石神井川 公開された茂呂遺跡(旧石器時代が日本に普遍的に広まっていたことを証明した遺跡・黒曜石製 茂呂型ナイフ形石器の発見)
■板橋区 栗原遺跡の竪穴住居跡と長嶋茂雄
■池袋の川 弦巻川
■豊島区の100年 弦巻川 丸池跡
■豊島区の湧き水と池
■池袋の川 水窪川 暗渠をぬけて
■今宮神社駐車場の湧水 (水窪川 小日向台の崖線)
■複合遺跡 東池袋遺跡 旗本中西家の屋敷地と御鷹方御役屋敷
■ボクらのホームグラウンドの前谷津川
■ボクらのホームグラウンドの前谷津川の支流
■前谷津川支流 不動通り 中尾不動尊の谷
■板橋区 赤塚不動の滝と大根
■板橋区泉町 出井の泉跡(出井川)
■板橋区前野町 出井川の水源のうちのひとつ 見次公園(自然湧水池)
■板橋区小豆沢 御手洗池(御手洗不動旧跡)
■旧中山道 板橋区志村 清水坂と平次坂 志村清水坂緑地(清水坂公園)の湧水
■旧中山道清水坂そば 板橋区志村二丁目の湧水
■志村城山公園の湧水と志村城跡
■板橋区 小豆沢公園の湧水
■板橋区 小豆沢公園 湧水を使った池 #1
■板橋区 小豆沢公園 湧水を使った池 #2
■薬師の泉庭園 板橋区指定記念物
■板橋区 前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡 常楽院収蔵の土器(前野町式土器<弥生土器>)
■板橋区若木 中台馬場先貝塚
■江古田川 不動橋と垢離取不動尊
■江古田古戦場(江古田・沼袋原の戦い 江古田原合戦)
■板橋区大山西町の用水路
■板橋区大山西町の名も無き川 用水路(千川上水からの分水 中丸川支流)
■千川上水跡(豊島区立千川親水公園) 桜並木と五基の庚申塔
■分水嶺、千川上水調節池跡
■千川上水 喜内古屋水車跡
■千川上水 水神様
■豊島区 千川上水公園と千川上水分配堰碑
■北区滝野川6丁目 旧中山道と千川上水の間に祀られた馬頭観世音 板橋宿で捕らえられた千川の怪物(オオサンショウウオ)
■千川上水の田留め水車と中丸川への分水口に祀られた庚申塔
■千川上水から東京第二陸軍造兵廠板橋製造所へ取水した分水口と水路跡
■古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
■巣鴨遺跡 町屋跡
■巣鴨庚申塚 巣鴨遺跡
■巣鴨遺跡 柳沢弾正少弼の屋敷
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■文京区春日(小日向) 徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
■玉川上水
■新選組 沖田総司 逝去の地と玉川上水余水吐
■玉川上水 旭橋の石柱と下水用石樋
■渋谷川 氾濫危険水位
■渋谷川の再生と白根記念 渋谷郷土博物館
■河骨川(春の小川)
■自然の猛威 渋谷川千駄ヶ谷・代々木支流付近の谷
■渋谷区神南2丁目1番先 水無橋
■穩田川(渋谷川)の支流
■渋谷川 庚申橋供養碑
■渋谷区恵比寿西二丁目11番7号 庚申塔
■鎌倉街道 中道 並木橋
■猿楽古代住居跡(代官山)
■渋谷区代官山 猿楽塚(猿楽塚古墳 猿楽神社)と鎌倉街道 中道
■目黒元富士跡 上目黒1―8
■内藤新宿 天龍寺の時の鐘
■池袋富士塚と池袋貝塚
■十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
■十条台古墳群 十条冨士塚(冨士神社)の再整備(現状変更)と補助83号線
■豊島長崎の富士塚
■下谷坂の富士塚 柳森稲荷神社の富士講関係石碑群
■駒込富士神社と古墳群
■赤羽台古墳群 赤羽台第3号古墳石室
■北区赤羽北 稲荷の坂と赤羽台古墳群(赤羽台4丁目)
■北区王子 飛鳥山1号墳
■秋葉原 神田柳森神社 力石
■赤羽西二丁目地区急傾斜地崩壊危険区域と稲付城跡にある静勝寺から宝幢院の道標
■急傾斜地 板橋区小豆沢・北区赤羽西・新宿区赤城元町
■新宿区 赤城元町の崖
■神楽坂ラン 赤城坂
■四谷荒木町 策の池、紅皿の墓
■新宿歴史博物館
■新宿区弁天町 宝竜寺坂(幽霊坂)と住吉町 念仏坂
■豊島区 のぞき坂
■豊島区南池袋(雑司が谷) 法明寺 豊島氏の墓
■豊島区 法明寺 威光稲荷堂
■墨田区 都立横網町公園
■本郷給水所公苑
■東京都水道歴史館
■椿山荘 古香井
■東京の坂道 文京区白山 網干坂
■北区西ヶ原 熊野坂
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■板橋区 清水坂 中山道で唯一富士山を右手に一望できる名所 合の宿
■板橋志村、この地に生きて 大野邦雄 遺稿集
■北区西ヶ原〜滝野川 道音坂(浅草道、中世は鎌倉街道)
■北区赤羽西 真正寺坂
■北区滝野川 狐塚の坂と岩屋弁天・正受院(滝不動)への道標(2020年9月18日写真追加)
■北区滝野川 重吉稲荷神社と平尾一里塚の東側の小道にあった廻国塔
■文京区小日向二丁目19と21の間 鷺坂
■文京区小日向 茗荷坂
■北区西ヶ原 大炊介坂(おおいのすけざか)
■消える富士見坂と豆まき
■消えた日暮里富士見坂
■いたばし大交通展 人工地盤 西台アパート(西台団地) 富士山を望む
■高倉健 新幹線大爆破 志村検査場・交通局志村基地
■戸田橋の親柱と武蔵野台地の崖線
■板橋区蓮根 ダイエー西台店の間を流れる用水路跡
■板橋区高島平 徳丸ヶ原 蓮根馬頭観音縁起
■板橋区・北区 御代の台
■北区中十条(東十条) 地蔵坂
■北区中十条(東十条) 地蔵坂の子育地蔵尊と庚申塔
■北区岸町 三平坂

photo

2016 5/17 『緊急地震速報』

こちらの地域では約1年ぶりに緊急地震速報が鳴った。

お腹が空いたなぁ〜と、さぁ食べようとした時だった。
強い揺れに寝室から飛び起きてきた妻を横目に、どんぶりになみなみ入ったうどんと出汁にこぼれなんなよと凝視....天ぷら屋で買ったいろんな味が楽しめる揚げ玉がたっぷり入っていて緩衝材的な膜のようになっていたからか、うんともすんともぜずに、目の前にある肉わかめたぬきうどんは落ちつきをはらって座っていた。
どんぶりの縁から5mmくらいなみなみ、そんなになみなみにするなってことだが。

やはりエレベーターはあまり使うモノではないな....
イヤです、1時間も閉じこめられたら。
鬱陶しいだろうな。。
施設によっては階段は使えなかったり、重い荷物があったり、高層階だとしかたなくEVを使うけども、基本、エスカレーターか階段を使っている。

熊本市中心部に住んで、しばらく避難所にいたいとこ家族はナーバスになっているけど、ガスも開通して普段通りの生活に戻りつつあると、この前連絡があった。

首都直下型もいつ襲ってくるかだれも分らない。
備えは継続。

photo

2016 5/16 『三社祭』

日曜日は三社様へお参りに。
結婚式は浅草神社で挙げたので。

全体的に人手が少なかったように思う。
担ぎ手も人が少なくて、宮入が2時間くらいずれるとか関係者が言ってたが...
ま、それでも十分混雑はしていて、賑わっていました。
何年か前に三社祭は荒れに荒れて中止ということもあった。
今はもうだいぶ昔とはちがうのは警察と神社関係者、町内会、氏子による“守らなければ”という強い思いがあったからこそだろう。

浅草神社に本殿の後ろにお稲荷さんがあるが、鳥居は新門辰五郎が奉納したという。
新門辰五郎は浅草の火消・侠客 親分。幕末は最後の将軍 徳川慶喜を警護していた。辰五郎の末裔が三社祭の宮頭。
だいぶ前に読んだ幕末 辰五郎伝に写る辰五郎さん、衣装と脇差は徳川家から与えられたものだと。

....にして、ものすごく疲れたので鴬谷で一杯飲んで休憩して電車で帰宅。
もうなかなか暑いから日中のロング走はムリかな。

Running 10.06km 0:59'26'' + Walking 2.5km

photo

2016 5/13 『板橋区立大山小学校』

母校のひとつである大山小学校は2年前の春に閉校となった。
自分がまだ通っていた頃、4年生だったかに30周年記念があり、航空写真を撮ったり記念品や紅白饅頭を貰ったり学校はとても賑やかだった。
大山小学校は桜がとにかく見事で、この正門の階段で集合写真を撮るのが恒例だった。

5年生の中頃に高島平へと引っ越し、学校や教育委員会だかに交渉してもらい、6年生に上がる前までは電車通学をしても良い、ただし高島平第四小学校に転校するのならば...という約束だった。
だ〜れも友達がいない地での生活、そして毎日早起きをしてランドセルを背負い、激混みの三田線に揺られ、時にはランドセルが邪魔だと罵倒されながら、板橋区役所前で降りてそこから1.7km先にある大山小学校へと歩いて通っていた....半年間も。
自分で選んだ選択肢だったが、11歳の脚で毎日往復3.4kmの道のりはなかなか厳しいものがあった。
大山小学校には様々な家庭環境の子がいて、時代的なこともあるし、それはそれは何かといろんな出来事があった。
くそガキだったから、自分と遊ぶことはダメだと親に言われたという友も何人もいたけど、逆に友の親にいつもこの子のことをありがとうと言われることも多かった。
自分の髪の毛をグラブしてジャイアントスイングばりに投げ回して、ホホをぶん殴る情緒不安定な暴力音楽教師、自分と同い年くらいの子を持つ母のような存在だった女性の担任、授業の前にいつも尺八を披露する先生、露骨に嫌味を言う先生、結婚をして子を授かり大きなお腹で授業をする担任は情緒不安定な時もありたまに影で泣いていたのを見かけていて、大丈夫?と声をかけることもあった。
引っ越した先の中学校で自分のことをよく面倒をみてくれた学年主任は、大山小学校の1コ上の先輩のお父ちゃんだと知った時はビックリしたし、お腹の大きかった担任にも引っ越した先でばったりあったりと、それもこれも袖振り合うも他生の縁ということなのだろう。そんなことを13歳の頃に初めて思ったのだ。
あまりにたくさんの思いでがありすぎて....

閉校されると知って、ものすごくショックだった。
だから何回も大山小学校を見に行った。
解体が始まり、GWにはもうすっかり更地なってしまっていた。
写るのはポプラの木だろうか。

通っていた2つの小学校は共に消滅した。
大山から高島平に引っ越して、西台という町でスケートボードに出会えて自分が成長したのは一番の収穫だった。全くそう見えないと言われるが、性根はスケーターだ。

校舎も校庭も、そして町自体がとても小さく感じた。
遠いと感じていた大山から高島平の距離、今はランニングで移動する短い距離になった。
大山小学校、ありがとう、さようなら。

photo

2016 5/11 『GW 土曜日の晩』

昼にさらっと皇居へ。
暑かった..........10km 54分13秒 05'24 /km
帰りの自転車、けっこうぐったりで......17.140 km 1時間05分09秒

日焼けして男梅みたいになった。

シャワーして休んでいたところメッセージが。
というか、facebookのメッセージがきたという連絡(メール)ってかなりタイムラグがありますよね、昔から。。メッセンジャーなんかずっと立ち上げていないし。
ヘトヘトのところ友らがちょい呑みしてラーメンで〆るというので、夕刻から参加。
文京区の教育の森で外飲み.....たぶん20年ぶりくらいだと思うけど、暑かった一日だったのでアウトドアでのビール、いいもんでした。

そっから歩いて千石へ。
千石自慢ラーメン本店、ココ20年ぶりくらいじゃないだろうか。
社会人になってからは上池袋店(移転して現 西巣鴨店)や王子店には食べに行ってたけど。
名店らしく、土日の昼に店の前を通ると並んでいたりするし、今流行りとはちがうのだろうけど、やはりおいしいラーメン屋だと思う。
20代の頃は、芝浦にあった大学の行きに食べて帰りにまた食べたりしてたのを思いだした。
よく食べていたから?、丼の底にくずチャーシューとか入れてくれていたのはサービスだったのだろうか。
夜な夜な遊んで、バイクでココに.....チャーシューメンに大さじ2くらいのニンニクを入れたりもしてたっけな。
思い出深い本店です。

もやしラーメンと白飯をチョイス。
皇居で塩分をかなり出したので、より一層おいしく感じた。
たまにはこういう豚骨醤油の濃いのもいいかも、身体が欲すれば。

でもまぁ昔より少しマイルドな仕上がりになっているような感じだった。

お腹パンパン、涼しい夜風にあたりながら、消化ウォーキング。
地理にあまり明るくない妻には、「あっちからこっちへ、そんな遠くないよ」と言いつつ....結果、7km以上歩けて良かったと思う。

みんなで食べれば怖くない。
またやりたい。

安心して、病気になれる教会。
救いを求めて。

photo

2016 5/10 『NEWBALANCE NUMERIC』

日本未展開のニューバランスのスケートシューズライン。

オールブラックのモデル、LOGAN...老眼、、これかなり格好いい。
ジャケットにも合わせられるし、たまに見かけるスーツ+スニーカーで崩すスタイル、そんな風にも合いそうだ。
ストレッチが入ったスーツを着て、スケートをさらっとできたら渋い。そんなミドルエイジのビジネスマンスケーターってのもいいのではと思う。
もちろんスケート以外にも....ドライビングシューズとかにも。

下のモデルもNBらしいカラーでいいですね。
靴ひもを通す穴、最上部の2つの穴....これはヒールロックって結び方のための穴で、靴ひもを最後に輪っかにして、その輪に靴ひもを通して締め上げる結び方で使う穴。via
がっちりホールドされるので、穴があるシューズを履いている方でやったことがなければお試しを。とてもいいですよ。うちのランニングシューズは全部ヒールロック。
スケートボードとシューズってとても大切な関係だから、スケートシューズでヒールロックができるこの配慮、とてもいいですね。こういうのもニューバランスらしいともいえるのでしょうかね。

photo

2016 5/6 『憲法記念日』

暑いくらいになった憲法記念日は皇居へ。
1周して、2周目.....ちょうど首都高の代官町入口あたり、前で音がした。
太い枝が折れて道を塞いだ。
毎年死者が出る倒木だ。
写真では大したことなさそうな感じに見えるかもしれないが、樹はめちゃくちゃ重いですからね。。人のボディくらいの太さの枝...
ちょいと前に「倒木でトヨタ2000GT 大破」、こんなこともあった。
数秒、数十秒、数分の差で被害に遭うか遭わないか。

「危ないとこだった」

思い返してみると、そんな経験をしたことがいくつもある。
みなさんもそういうことがあるでしょう。
その度に「守られている」と思わされるし、感謝しかないです。
ま、そう思うか思わないかだと思うけど...
とにかく踏まれなくて良かった。
足さきっちょ踏まれたら、ぺったんこで団扇みたいになっちゃうから。
樹だけに限らず、たっぱのある古いブロック塀もお気をつけて。

暑かったので塩まみれ。
とても気持ちが良かった。

Running 15km 1:25'00'' 10.6 km/h (05'38 /km) 930kcal
Bike 22.1km 1:43'56'' 12.8 km/h (04'42 /km) 475kcal

photo

2016 5/2 『豊島区 南池袋公園(根津山) 豊島区空襲犠牲者哀悼の碑』

高校生から浪人時代にとてもよく通って、たくさんの仲間と昼夜問わず遊びまくったり、デートしたりした南池袋公園。
かつて公園のすぐそばに代々木ゼミナールがあり、自分はバイク通学をしていて、この公園の歩道にトライアルバイクを駐車していた。
大学生になると酒を飲み始め、公園で花見をしたりと....
そして社会人になっても、たまに休憩で立ち寄ったり、仲間との待ち合わせ場所として集合場所となったり、それはそれは思い出深い公園だ。
当時からホームレスが多く、いつしか炊き出し場所としても機能していた。

池袋はランニング途中でよく寄るので、しょっちゅう通っていたが、何年か前に整備の為に閉園しちょっと前に駐輪場もでき、先日ようやく全面リニューアルオープンとなった。
ほぼ芝生でカフェまで併設されている。
噴水もパーゴラがあった舞台もソメイヨシノも撤去され、かつての面影は全くないほど様変わり....かつての便所なんておそろしいほど汚くて、男女が夜な夜なこそこそ便所に入っていったりしてたっけな。
すっこり空があいてオープンな感じ、そして芝生がとてもいい。

ところで、この南池袋公園はかつて東京大空襲で犠牲になった方々が埋葬されたところでもある。
今では想像もできないが、このあたり一帯は根津山といわれたとても大きな丘だったという。(東武鉄道の社長だった根津さんが所有していた土地から根津山と言われるようになった。)
防空壕もあって多くの方が逃げこみ犠牲になったと。そして遺体安置場となったのだろう。
毎年、春に犠牲者の慰霊祭が執り行われている。
近所の高田(学習院あたり)にはB29が墜落したという。

現在は芝生を養生中なので入ってゴロゴロできないが、終わったら入れるようになるのだろうか?すぐ痛むような気がしないでもないけども....
副都心の喧騒の中、芝生でゴロゴロできるのなんてとても貴重ですね。
ちびっ子やファミリーにはとても良い公園にリニューアルされました。

区役所の移転に伴う跡地の開発、公会堂の閉鎖、公園の整備、造幣局移転、防災公園計画、環状第5の1号線の開通....
住みたい街ランキング7位、開発の真っただ中の池袋、より賑やかになることでしょう。

【過去記事】
■幕末を巡って 徳川慶喜巣鴨屋敷跡〜彰義隊の墓〜経王寺
■復活 上野清水観音 堂月の松
■上野東照宮
■散歩JOG 谷中霊園の徳川慶喜墓・焼失した五重塔〜博物館動物園駅〜旧岩崎邸庭園〜加賀藩上屋敷跡
■身近なところに 太田道灌追慕の碑 山吹の里の碑 胸突坂
■文京区春日(小日向) 徳川慶喜 第六天町 屋敷跡
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■文京区本駒込 吉祥寺 榎本武揚の墓
■文京区本駒込 吉祥寺 榎本武揚墓所から高林寺 緒方洪庵墓所へ
■高島平の名の由来 高島流
■文京区向丘 大円寺 高島秋帆の墓
■明暦の大火と本妙寺 遠山金四郎景元の墓
■台東区谷中 全生庵 幕末の幕臣 山岡鉄舟の墓
■豊島区巣鴨 本妙寺 千葉周作の墓〜豊島区駒込 木戸孝允の駒込別邸
■板橋区東山町 板橋城跡 赤塚城跡
■遺されたものが語ること#2 石神井城跡
■仙がい義梵(仙p和尚) 東輝庵
■台東区谷中 観音寺 赤穂浪士ゆかりの寺
■一石橋迷子しらせ石標 迷子センター
■別れの橋跡・見送り坂と見返り坂 本郷4-37先本郷通り
■上野公園 時忘れじの塔
■浮浪児1945- 戦争が生んだ子供たち 上野
■哀しみの心をいつまでも 海老名香葉子 建立有志一同
■墨田区 都立横網町公園
■豊島区 南池袋公園(根津山) 豊島区空襲犠牲者哀悼の碑
■目白台 富士見坂 台地の屋敷(田中角栄邸・山縣有朋邸・近衛篤麿邸・徳川義親邸
■近藤勇と新選組隊士供養塔 平尾一里塚(板箸一里塚)跡と千川上水跡を越えたあたり
■板橋宿平尾脇本陣豊田家 新撰組 近藤勇が幽閉された豊田家と次女トミとの語らい
■北区滝野川6丁目 旧中山道と千川上水の間に祀られた馬頭観世音 板橋宿で捕らえられた千川の怪物(オオサンショウウオ)
■北区滝野川一丁目 千川上水 王子分水(鎌倉街道・千住道と一部重複)との三叉路にある庚申塔 王子七滝 松橋弁財天(岩屋弁天)への道標 ※2020年8月27日加筆
■千川上水 王子分水沿い(千住道)にある出桁造り
■北区滝野川 正受院本堂前所在 石造近藤守重坐像と目黒富士(元富士・新富士)のひとつである目黒元富士
■板橋宿中宿名主飯田家(総本家)跡
■板橋区仲宿 文殊院 子の権現
■板橋遊郭 新藤楼
■旧中山道 板橋宿(上宿) 縁切榎 政略結婚と女性救済の場と和宮が降嫁する際に通った迂回路
■旧中山道 板橋宿(上宿) 縁切榎
■皇女 和宮一行が降嫁の際に通った迂回路にある出桁造りとそれを見守った清水稲荷神社の御神木のイチョウ
■旧中山道 板橋宿(平尾宿) 観明寺 左甚五郎作の龍
■旧中山道 板橋宿(平尾宿) 観明寺 寛文の庚申塔と山門
■旧中山道 板橋宿(仲宿 )伊勢孫跡 レンガの塀と車輪除けの石
■旧中山道 板橋宿(仲宿) 宿場時代は馬つなぎ場でもあった遍照寺の石仏
■旧中山道 板橋宿(仲宿) 宿場時代は馬つなぎ場でもあった遍照寺の絵馬
■板橋宿(上宿・仲宿)の各施設跡(大木戸<江戸御府内 朱引>・上宿 脇本陣板橋市左エ門家・高札場・自身番・問屋場)と新旧の板橋
■旧中山道 板橋宿(仲宿 ) 徳川家康から朱印地が寄進された重蓮寺の参道跡
■板橋の名の由来 交通の要衝 鎌倉街道と中山道 石神井川に架かる<松橋・板橋・山中橋>
■旧中山道“岩の坂”の縁切榎ほとりを流れる稲付川(中用水)と“なみだ橋”
■稲付川(根村用水と中用水とも北耕地川とも言われる)と日曜寺と智清寺に架かる橋
■北区十条仲原 稲付川に下る游鯉園の坂
■板橋宿 上宿跡はスラム街になった岩の坂(いやな坂) 板橋貰い子殺し事件
■板橋宿(中宿) 高野長英ゆかりの地(旧水村長民宅)
■旧中山道はタネ屋(種屋)街道
■王子稲荷の坂 旧中山道と王子稲荷道の分岐にあった“王子大明神 常夜灯”(2020年8月29日写真追加)
■旧中山道に現存する出桁造り(2017.11/6 加筆)
■徳川慶喜が撮影に来た板橋区の日曜寺 扁額と根村用水
■板橋区大和町 日曜寺に架かる根村用水の橋(親柱・欄干)と平尾町内中の石柱(平尾宿)
■旧中山道と旧川越街道をつなぐ小松屋横町道
■中仙道か中山道か
■神田明神参道隣り 旧中山道(日光御成街道)の枡型道路 江戸御府内<朱引・墨引>“本郷もかねやすまでは江戸の内
■本郷台地の端 神田明神の明神男坂 安房上総 小湊鐵道のディーゼルカー
■旧川越街道 ハッピーロード大山商店街 小松屋横町道に佇む“命”の碑
■旧川越街道 ハッピーロード大山商店街 小松屋横町道に佇む“命”の碑 撤去
■板橋区大山町山中通り商店街(大谷道) 補助第26号
■板橋区大谷口 古道 大谷道と薬師道の交差点 豊島八十八ヶ所巡礼の道標
■板橋区志村一里塚隣り 中山道 齋藤商店
■都電庚申塚駅 延命地蔵堂の石造物群
■東京第二陸軍造兵廠 板橋火薬製造所跡 弾道検査管(爆速測定管)の標的
■千川上水から東京第二陸軍造兵廠板橋製造所へ取水した分水口と水路跡
■東京第一・第二陸軍造兵廠電気鉄道の遺構 跨線橋の台座
■東京第二陸軍造兵廠 加賀公園 電気軌道(トロッコ)線路敷跡
■東京第二陸軍造兵廠の石碑
■東京第一陸軍造兵廠 陸軍用地の標柱(石標)
■東京第一陸軍造兵廠 軍用鉄道軽便線(ちんちん電車)トンネル跡
■東京第一陸軍造兵廠滝野川工場の憲兵詰所
■十条板橋道と王子稲荷道の追分に置かれた(仮称)稲付の関所跡と稲付川に架かる赤羽根火薬庫道の橋跡
■国指定史跡 東京第二陸軍板橋火薬製造所跡
■東京第二陸軍造兵廠 境界壁(支柱)
■王子新道の由来と花月通
■加賀藩中屋敷跡 旧駕籠町
■加賀藩と黒作り
■加賀藩江戸下屋敷 奥山正 著 人んとこ荒らすな
■加賀藩前田家の駕篭
■加賀藩上屋敷跡 東京大学 赤門
■加賀前田家下屋敷跡 〜江戸下屋敷平尾邸〜 裏御門通りと板橋一里塚(平尾一里塚)跡
■北区滝野川 重吉稲荷神社と平尾一里塚の東側の小道にあった廻国塔
■加賀藩下屋敷にあった山々 現存する大山(築山)
■文京区千駄木 大聖寺藩下屋敷跡 大名庭園の旧態を保つ須藤公園
■新選組 沖田総司 逝去の地と玉川上水余水吐
■雑司ヶ谷霊園 ジョン万次郎墓
■雑司が谷 未来遺産 雑司が谷・高田と池袋本町と板橋宿をむすぶ高田道
■雑司ヶ谷 宣教師 マッケーレブ邸
■雑司ヶ谷 御鷹方御組屋敷道
■薩摩義士 平田靫負(ひらたゆきえ)
■富士・大山道の道標と庚申塔 下練馬大山道の道標と東高野山の道標
■体の中にいる虫 旧川越街道にある青面金剛像が彫られたものとしては都内最古の庚申塔
■旧川越街道 下練馬宿の北町観音堂
■練馬区高稲荷公園内の庚申塔 埼玉道(旧埼玉道、都道442号線)
■練馬区 ふじ大山道
■清戸道の名家
■池袋 四面塔尊 辻斬残骸 無縁仏の供養
■新宿に縄文人現る
■日本人のルーツ
■縄文人の核DNA解析
■縄文人の一生 -西ヶ原貝塚に生きた人々- 武蔵国豊島郡の郡衙跡と鎌倉街道
■内藤新宿 天龍寺の時の鐘
■古道 鎌倉道 別名 椎名町道(兵隊道)
■板橋区仲町 轡神社近く 鎌倉街道沿いの庚申塔
■板橋区仲町(旧 山中) 鎌倉街道沿い 徳川家康の乗馬のくつわを祀ったともいわれる轡神社
■渋谷区代官山 猿楽塚(猿楽塚古墳 猿楽神社)と鎌倉街道 中道
■渋谷区猿楽町 重要文化財 旧朝倉家住宅
■旧鎌倉街道 中道編
■鎌倉街道 中道 西巣鴨〜西早稲田
■豊島区立郷土資料館 新・旧鎌倉街道
■鎌倉街道 中道 並木橋
■板橋区赤塚 鎌倉古道
■豊島区巣鴨 旧中山道と平行に続く江戸橋通り 米屋伊勢五などの出桁造り
■切支丹屋敷跡地からシドッティ
■江古田古戦場(江古田・沼袋原の戦い 江古田原合戦)
■上板橋宿と大山福地蔵尊
■町民を癒し見守る大山福地蔵尊
■豊敬稲荷神社 旧上板橋宿概要図
■上板橋宿にあるかつての“板橋”の親柱と距離の札
■豊島区上池袋 宝永の庚申塔とお茶あがれ地蔵
■地蔵・道しるべ(代官山 猿楽町)
■田端 東覚寺 赤紙仁王
■本郷肴町 棒兼
■池袋御嶽神社 ふくろうの像(梟の像 親子)
■豊島区東池袋 六つ又 子育地蔵尊
■三社様 浅草神社 被官稲荷神社 新門
■現存する都内の一里塚
■散歩RUN 志村一里塚〜桐ヶ丘団地〜赤羽八幡神社
■中山道 日本橋から三番目 不動の志村一里塚
■巣鴨 眞性寺の地蔵菩薩(子育地蔵尊) 実弟を重ねて
■巣鴨遺跡 町屋跡
■巣鴨庚申塚 巣鴨遺跡
■巣鴨遺跡 柳沢弾正少弼の屋敷
■巣鴨に住んでいた徳川慶喜 明治時代の巣鴨邸と江戸時代の巣鴨
■一橋徳川家 屋敷跡の千石緑地
■一橋徳川家 屋敷跡の徳川マンション
■台東区元浅草 誓教寺 葛飾北斎墓
■北区十条四軒道路にある出桁造り
■北区中十条2丁目、(篠原)演芸場通りの出桁造り
■北区王子3・4丁目の出桁造り
■北区王子本町の出桁造り
■目白通りにある出桁造り
■渋谷川 庚申橋供養碑
■王子稲荷神社 御石様
■王子稲荷神社 火防の凧(ひぶせのたこ)
■JR貨物北王子線と廃線跡
■JR貨物北王子線と廃線跡と映像
■文京区西片 菊坂下 言問通りと北区滝野川 飛鳥山 本郷通りの出桁造り
■北区中十条3丁目の出桁造り
■文京区 大円寺 ほうろく地蔵と吉祥寺の比翼塚
■本郷追分と追分一里塚跡
■根津神社の塞の大神碑と追分一里塚跡
■板橋区高島平 徳丸ヶ原 蓮根馬頭観音縁起
■古道 高田道と旧川越街道の辻 四ツ又馬頭観音(板橋区登録有形文化財)
■電話番号の表札
■谷中、上野桜木の出桁造り
■板橋区新河岸三丁目 早瀬前遺跡 鎌倉街道 早瀬の渡し
■板橋区 前野町地区の遺跡と前野町熊野北遺跡 常楽院収蔵の土器(前野町式土器<弥生土器>)
■板橋区前野町 常楽院年不詳阿彌陀三尊種子板碑(じょうらくいんねんふしょうあみださんぞんしゅじいたび)
■北区西ヶ原の出桁造り
■文京区根津の出桁造り
■国指定重要文化財(建造物) 旧渋沢家飛鳥山邸(晩香廬・青淵文庫) 北区西ヶ原二-十六-一
■北区王子 飛鳥山 渋沢栄一邸庭園 曖依村荘跡
■国指定史跡(大正十一年三月八日指定) 西ヶ原一里塚 北区西ヶ原二ー十三・四先
■五代将軍 徳川綱吉御殿跡之碑(練馬区北町1-14 北町小学校と田柄川の間) 脚気に効くと言われた練馬大根栽培・発祥の地と環状八号線の開通
■薬師の泉庭園 板橋区指定記念物
■板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り
■板橋区上板橋 旧川越街道沿いの出桁造り2
■文京区本駒込 吉祥寺側の出桁造り
■板橋区栄町(大山)養育院 渋沢栄一
■滝乃川学園跡
■西池袋 自由学園明日館
■十条冨士塚(冨士神社)と補助83号線
■十条台古墳群 十条冨士塚(冨士神社)の再整備(現状変更)と補助83号線
■旧丹羽家の門と蔵 藤堂家の墓所
■板橋区高島平 六の橋のグラフィック
■江戸城 松の大廊下跡
■醤油電車(東武東上線)
■下板橋駅ミニ写真展 東武東上線特急とマンモスプール
■台東区谷中 全生庵 山岡鉄舟 墓と山岡鉄舟居士之賛の碑
■経王寺 山門の弾痕と上野清水観音堂のアームストロング砲の砲弾
■同潤会 上野下アパート
■姥ヶ橋延命地蔵尊と根村用水(稲付川や中用水、北耕地川とも言われる)
■北区滝野川 御代の台仲通り商店街の出桁造り
■駒込名主屋敷
■谷根千 よみせ通りと谷中四丁目の出桁造り
■護国寺惣門
■北区中十条(東十条) 地蔵坂
■北区中十条(東十条) 地蔵坂の子育地蔵尊と庚申塔
■北区上十条2丁目の出桁造り
■北区滝野川八幡通りにある出桁造り
■東日本大震災石油輸送 EH200・DD51+タキ+DE10
■台東区東上野五丁目 永昌寺 講道館柔道発祥の地